夏の朝は、リゾートの朝は、清々しいハイビスカスの花が、おはようございます、と笑顔で挨拶してくれています。

ハイビスカスの花は、素晴らしい輝きをしています。それもそのはず、今日は、格別の晴天です。  淡路 (2)

夏の朝は、リゾートの朝は、清々しいハイビスカスの花が、おはようございます、と笑顔で挨拶してくれています。ハイビスカスの花は、素晴らしい輝きをしています。それもそのはず、今日は、格別の晴天です。

朝起きると、松葉博雄の奧さんが、朝ご飯を作ってくれていました。

ハゲの煮物を頂きます。この肝がとても美味しいのです。

淡路島と言えば、玉ねぎです。玉ねぎの味噌汁も、淡路で頂くと、とても淡路らしい味わいがします。

今日は、炎天下になりそうです。奧さんはこんな日にこそ、お布団を庭で干したいと、前々から思っていたことを、今日、実行します。

美しい柔肌のような桃が、朝のデザートです。この桃はちょうど熟れ頃で、桃の皮は、指で引っ張ると、すーっとはがれるように剥けていきます。この頃が、桃の食べ頃です。

朝ご飯にぴったりの、あっさりとした梅干しと、しいたけ昆布、キュウリの粕漬けです。

ハイビスカスに見とれていると、突然、綺麗な小鳥が飛んできて、芝生に降りて、芝生の間に潜んでいる虫をついばんでいます。

この小鳥はなんでしょうか。セキレイかなと思って、インターネットで調べてみると、やはりセキレイです。

暑さが身にしみて、やや食欲が落ちてきたときは、オススメなのが、氷茶漬けです。ご飯に氷を置き、お茶漬けをします。これなら、すーっと喉を通ります。

ハイビスカスの花に、肥料をあげることにします。コーナンで買ってきた肥料を水で溶かして、根元に流しておきます。

ハイビスカスの花は、一日で、美しい花の命を終えてしまいます。

そうなると、今日一日の、素晴らしい花の命を咲かせてあげたいと思います。

次々と、リレーのように咲き続けるハイビスカスの花に、息が続くように肥料をあげておけば、松葉博雄が居ないときにも、松葉博雄が見ているときも、力一杯咲いてくれると思います。

ハイビスカスの花を見ていると、仕事のことは出てきません。仕事のことよりも、ハイビスカスの好きな、太陽と、水と、肥料の事を考えています。

2014年7月31日(日)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です