阪神カメラの大平哲男社長は、神戸商科大学大学院小西一彦ゼミの先輩です。

大平哲男さんは、人物写真を写すのが得意です。昔、篠山紀信さんに師事して、写真技術の習得を学んだそうです。

神戸商科大学(現兵庫県立大学)大学院 経営学研究科 小西一彦ゼミの先輩である、阪神カメラ社長の大平哲男さんが、会社に来られました。

大平哲男先輩は、この秋、頼まれて大学で講演会を引き受けられたそうです。その講演会の内容について、意見を求められました。

内容は、阪神カメラ社長大平哲男さんの、これまでの仕事の歩みと、仕事にまつわるこぼれ話です。

どうして松葉博雄の所に、助言を求めるようになったかと言えば、先日、大阪商業大学で、松葉博雄が講演会をしたことに始まります。

大平哲男さんは、松葉博雄の講演を聴きに来て、ご自分の時の参考にしようと考えたそうです。そして、松葉博雄の講演を聴いて、その話し方、パワーポイントの内容、ストーリー性、テーマの選び方などに感動して、ぜひ自分の時の助言をしてほしいという気持ちになったそうです。

講演会は、およそ60分の予定です。聞き手は松葉博雄1人ですが、本番のつもりで、大平哲男先輩が講演を始めました。

頂いたパワーポイントのレジュメを片手に、松葉博雄は各ページの気がついた事を書き込んでいきます。

学会発表の時は、何度もリハーサルをして、話す内容を頭に記憶する作業を何度もしました。特に大阪市立大学の博士後期課程に進んだときは、学会発表、ゼミの発表、学内発表など、発表の機会が多く、プレゼンテーションの練習を繰り返してきました。

この経験は、今度は頼られるようになりました。自分の時には気がつかないことも、他人がプレゼンテーションをしていると、どこを直したらいいか、どのように変えていく方がいいのか、アドバイス出来るようになりました。

1人で考えることと、誰かに意見を求めて、そこからさらに新しい考えが思い浮かぶことは、随分と違いがあります。

気がつかないことを指摘されて、はっとする事もありました。自分ではこれでいいと思っていたことも、聞き手から見ると、もっと工夫の余地があることも経験しました。

60分の講演を聴いて、出来るだけ丁寧に、具体的に突っ込んだ意見の交換をしました。

大平哲男さんは、だんだんと気持ちが高揚してきました。遠慮がちな発表より、大きなテーマで、大きな志で、大きなスケールで話した方がいいのではないかというアドバイスに対して、気持ちが高ぶってきているようです。

1時間ほど発表内容を高める為の意見交換が続き、松葉博雄もカメラ業界の勉強をさせてもらいました。

大平哲男さんの本業は、スタジオでの写真撮影です。撮影見本をいくつ か見せて頂き、松葉博雄も写してほしくなりました。

2014年7月30日(火)