食事の時にふさわしい話題とは何でしょうか?

食事の時に、子供達の前で、仕事の話ばかりしていると、子供達からブーイングが起きたことを思い出します。

食事の時の話題について考えています。暑い日には、冷たい物を食べたくなります。冷たい物と言えば、冷やしそうめんです。日曜日の夕食は、平日より早く仕事が終わるので、夕食も2時間ほど早くなります。

松葉博雄の奥さんは、仕事を一緒にしているので、帰るとすぐにご飯の支度に取りかかります。今日はそうめんにするか、冷麺にするか、尋ねられました。

先週、四国に行って、半田素麺を買ってきたので、素麺を冷やして頂く、冷やしそうめんを頂きました。

そうめんは意外に古くから有る日本の食材です。奈良時代に唐から遣唐使によってもたらされた菓餅14種のうちの一つの『索餅』(さくべい)が そうめんの元祖と言われています。

索餅は、和名を无岐奈波(むぎなわ)といい、形が縄に似ているので、後に麦縄とも書かれていました。また、縄ににているという事で予想以上に太かったようです。

室町時代には、この新しい麺の製造法が全国に普及していったそうです。

素麺だけでは、栄養のバランスがとれません。具材をあれこれ取り混ぜて、一緒に食べてこそ、バランスのとれた食事になります。

松葉博雄は、そうめんが出来るのを待っているだけです。待っている間、お刺身でビールを一杯頂きます。食事の支度を待ちながら、ビールを飲みながら、話題はやはり仕事の事です。

子供達が一緒に住んでいた頃、いつも食事の時に仕事の話をしていると、子供達はもううんざりしていました。食事の時くらいは、仕事の話を聞かされたくないと言っていました。

食事の時にふさわしい話題とはなんでしょうか?テレビを切っていたので、テレビから得られる情報はありません。そうすると、子供達のその日の話を聞くことになります。

その日の話の中心的話題は、やはり学校の成績になってしまいます。学校の成績を話題にすると、これはこれでまた、うっとうしい話になってしまいます。

親の仕事の話と、子供達の成績の話を除くと、浮かんでくる話題はよその家庭の話です。しかし、よその家庭の話になると、どこそこのお家はどこかに連れていったもらったとか、何かを買ってもらったとか、親の比較になってしまいます。

これも保護者としては、あまり深入り出来る話ではありません。無難な話となれば、夏休みになったらどこに行こうかとか、次のお休みにはどこにドライブに行こうとか、楽しい将来のことになります。

その将来の楽しみに対しても、条件が付いて、何々をしたら連れていってあげるという、インセンティブになってしまいます。

奥さんと2人だけで食事をしていると、その話はしないでとかいう反対はありません。やはり今夜も、7月がそろそろ終わるので、8月の仕事の話になってしまいました。

2014年7月27日(日)