兵庫県立大学大学院経営学研究科の、MBAの会は継続しています。

兵庫県立大学大学院経営学研究科の、MBAの会は、世話人が集まって、懇親会について協議しました。

兵庫県立大学大学院経営学研究科の、MBAの会の役員会の案内が、幹事役の江上豊彦さんから、電子メールで届きました。場所はこれまでよく利用した、国際会館前の「ロイン 三宮店」です。

集合時間は午後の3時で、実に微妙な時間です。松葉博雄は、午後2時に昼食を済ませたばかりで、やや満腹状態で、ロインに集合しました。

幹事の江上豊彦さんと、小西ゼミで同期の鴻雅行さんと、久しぶりにお会いしました。

全員生ビールで乾杯です。お通しは、盛り合わせのようなものです。松葉博雄は、お腹がいっぱいなので、お通しにも手が出ません。箸も出ません。

中島要さんから、兵庫県立大学(神戸商科大学)の「淡水」に、このMBAの会の活動も、自分に代わって誰か投稿してほしいという、依頼がありました。もう一つは、兵庫県立大学に対する、寄付のお願いです。

皆さんとの乾杯が始まり、お料理も順を追ってテーブルに配られると、江上豊彦さんから、本日の議題について諮問がありました。第1号議案は、定例の懇親会を、いつ、どこで、どのように開催するかの問題です。

皆さんの意見では、7月6日(日)午後1時になりました。場所も、大村さんの提案でほぼ決まりです。

ゲストには、お世話になった小西一彦先生、思い出深い中橋国蔵先生、ワイガヤ荘にお招き頂いた、安室憲一先生をお招きすることになりました。

もちろん、先生方にも都合があり、それぞれの先生に、門下生からお声を掛けることになります。

神戸商科大学(兵庫県立大学)大学院経営学研究科で学んだ、同門生がMBAの会を作っています。このMBAの会には、ヘビースモーカーの方が何人かいて、他の会では見られない、喫煙をしながら、ミーティングをする習慣があります。

時間が経つにつれ、ロインの部屋にこもったタバコの煙が副流煙となり、松葉博雄にも襲ってきます。タバコに対して抵抗力のない松葉博雄には、だんだん頭が重くなってくることになります。

隣の席の、神戸市水の科学博物館の館長、大下昌宏さんから、松葉博雄に質問がありました。

「松葉さんのお店は、近隣の競争企業と激しく戦っているのに、どうして持ちこたえているのですか?私の周りの人に、さんプラザコンタクトレンズを利用している人は、たくさんいます。

大抵の人は、松葉さんのお店を褒めています。あれだけ攻撃されても、どうして耐えられているのですか?」と、こんな内容の質問です。

大変、有り難い評価を頂いています。「実は、今の経営戦略を学ぶために、神戸商大や、大阪府立大学、大阪市立大学の大学院で、経営研究をしたのです。

外から見ても、目に見えない仕組みがあるのです。」とお答えすると、「それは、理屈はあっても、どうしてそれが実行できているのか、益々不思議に思います。」と言われました。

鴻雅行さんは、定年退職後は、経営事務所を開いて、コンサルタント業をしているそうです。鴻さんは中小企業診断士であり、行政書士でもあり、経営学博士でもあります。きっと、流行ると思います。

時間が経つと、なんとなく席の移動がありました。今日の出席者は11名で、横一列のテーブルでは、端と端の人は、会話の機会がありません。一緒に座って、会話が弾むのは、4人ぐらいがベストです。これ以上になってくると、2つか3つに、グループ化していきます。

前俊雄さんはとても物知りで、実に、実社会の情報に通じています。皆さんの会話の折々には、前俊雄さんの解説が入ります。まるで、ジャーナリストの池上彰さんみたいです。

およそ2時間で、MBAの会の世話人会兼、懇親会は終了です。大学院の集まりは、府大でも市大でもありますが、大学院の集まりでは、禁煙が普通です。タバコの煙に弱い松葉博雄は、2時間の副流煙で、頭がもうフラフラです。

テーブルには、たくさんの料理のお皿が並びましたが、松葉博雄は、ビールと芋焼酎のお湯割だけで済ませました。こういう飲み方は、身体には良くありません。ある程度食べながら、飲んだ方が良いのです。

ロインの名前の由来は何ですか?と、店長さんにお聞きすると、ロインは、サーロインのロインです。あの、サーロインステーキのロインです。と、言われました。では、サーロインの意味は何ですか?と質問を重ねると、店長さんは絶句してしまいました。

調べて見ると、「sirloin」は14世紀のフランス語で「surlonge」と言ったそうです。フランス語で「サー」が上部、「ロイン」は腰部の意味でした。

地下室のロインから外に出ると、4月27日の5時過ぎは、まだ明るい街でした。国際会館の広場には、たくさんの人が階段状の席に座っています。

発想を変えて、帰りは、阪急電車から神戸市バスに乗り物を変えて、帰宅することにします。

バスは電車に比べると、時間は長く掛かりますが、普段見られない、住宅地を見せてくれます。灘区に入ると、神戸高校前を通りました。

自宅の近くの駅に着いて、バスを降りるとき、千円札しかなくて、千円札を一旦100円玉に変えて、その100円玉を次に10円玉に変えて、210円の小銭をつくりました。

まもなくすると5月になります。通りを歩いていても、あちらの家やこちらの家のプランターに、花が咲き始めています。神戸の街並みは、花で飾られ、美しい装いになってきました。

2014年4月27日(日)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です