「人の行く 裏に道あり 花の山」とは逆の、「醍醐の桜」見物には、人が押し寄せる道でした。

醍醐の桜は、素晴らしい桜ですが、醍醐の桜を見るまでには、険しい道と、長い渋滞が続きます。  岡山の桜(4)

道の駅「醍醐の里」でめだかを買った後、いよいよ、醍醐の桜が咲いている山に登ります。醍醐の桜に行くには、途中途中に看板があるので、道に迷うことはありません。

 

とても厳しい山道で、少しずつ、車が渋滞してきました。

最初の登り口付近では、対向車が来ても、避けることの出来る道幅でしたが、そのうち対向車が来ると、もう絶対無理だろうというくらい、細い道になっています。

初めて見る醍醐の桜というのは、どのような場所に咲いているのか、まだ分かりません。山頂を目指して、ゆっくりゆっくりと車の列が動いていきます。

途中、焼きポンを売っている店がありました。ここのお店の方は、渋滞中の車に対して、手押し車でポン菓子を売っていました。

ゆっくり坂を登って、駐車場に進みます。

やっと駐車場に入れたのは、14時近くになっていて、お昼をとっくに回っていました。

醍醐の桜があるすぐ側には、茅葺きの家があって、そこが売店になっています。

醍醐桜の説明が書いています。

「この桜は、ヒガンザクラの一種「アズマヒガン」で、推定樹齢は1000年、根元の周囲9.2メートル、枝の広がりが四方に10メートル伸び、高さは18メートルある。

「醍醐桜」の名前の由来は、鎌倉末期の元弘の乱により後醍醐天皇が、隠岐に流される途中ここに立ち寄り、美しさを賞せられたとの言い伝えによる。

規模・樹齢ともに県下一であり、昭和47年12月9日、岡山県の天然記念物に指定されている。」

醍醐の桜の周りは、飲食物の持ち込みは一切禁止されているので、観光客の皆さんは、この茅葺きのお家で、お弁当や、お店で売っている物を買って、食べています。

さてこれから、お弁当を頂いて、醍醐の桜の傍に行きます。

 

2014年4月10日(木)