「貸して不仲になるよりも、いつもニコニコ笑う現金」この教えを守り、創業以来、仕入れ代金の支払いは現金払いです。

日本アルコン株式会社と、チバビジョン株式会社が統合して、新しい社長は松村誠一郎さんになりました。

チバビジョンの社長交代です。チバビジョンの社長は、長期的な経営にあたる暇もないほど、短期間でよく変わります。

明けましておめでとうございます。と、先日年始のご挨拶をしたばかりなのに、もう1月の月末になり、今日は支払日を迎え、取引担当者の方が集金に来られています。

シードの中野隆一さんからは、1dayピュアの納期遅延が解消されたという報告を受けました。近隣諸国に輸出が伸びて、商品供給が逼迫していたそうです。

そういえば、シードの株価は250円の指定席から、1000円にまで一気に駆け上がりました。これは安倍首相の提唱する、いわゆるアベノミクス効果ではなく、それよりも以前から株価の水準訂正がおきていました。

チバビジョンさんからは、集金の時には、明らかにされていませんでしたが、その後、日本アルコンとチバビジョンから、役員人事に関する案内状が届きました。

届いた案内状によると、日本アルコンの代表取締役社長トム・ドゥーリーさんと、チバビジョンの代表取締役社長の早川豪一さんのお二人とも、社長を退任されるとのことです。

日本アルコンとチバビジョンを統合した、新しい社長は松村誠一郎さんになりました。

今日は担当者の皆さんに、松葉博雄の研究テーマである、経営理念に関する意識調査のアンケートをお願いしています。

集金の前に簡単なアンケートに答えて頂いています。

今日はとても暖かい日和で、これまでの厳しい寒さがウソのように暖かくなっています。しかし冬が去ると、待っているのは花粉症です。今日は早くも、目に痒さを感じています。

痒くて痒くて、目玉を取り出して洗いたいくらい、痒くてたまりません。現在の取引担当者の中では、一番長いお付き合いをしている槙隆司さんとは、お互いの子どもについての話になりました。

2013年1月30日(水)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です