ありあけ横濱ハーバーの柳原良平さんの絵を見れば、思い出すのが、トリスを飲んでハワイへ行こうでした。

ありあけ横濱ハーバーのお菓子を見れば、思い出すのは秘密のケンミンSHOWです。

ありあけ横濱ハーバーの名前を聞けば、思い出すのは横浜たそがれと、伊勢佐木町ブルースです。

「秘密のケンミンSHOW」というテレビ番組があります。県民なら誰でも知っている食べ物や風習が紹介される番組です。ちなみに、兵庫県では、春先のイカナゴの釘煮と、メロンパンが紹介されました。

ボシュロムの辻亮一さんは、ありあけ横濱ハーバーのマロンケーキを、社員の皆さんで召し上がって下さいと、持って来てくれました。

辻亮一さんの話では、神奈川県民なら誰でも横濱ハーバーを知っているそうです。ほんとかな?そう思って調べてみました。そうすると、確かにありあけの横濱ハーバーが「秘密のケンミンSHOW」で紹介されていました。

秘密のケンミンSHOWはおもしろいので、松葉博雄も時々見ています。昨日、1月31日(木)のケンミンSHOWでは、その後の追跡調査がありました。

追跡調査を受けたのは、沖縄の那覇市泊港にある、あげぱん工房 アントシモのお話でした。

あんこの入ったパン、いわゆるあんパンのあげパンを「Aパン」。カレーと豚肉のソーキが入った揚げパンを「Cパン」と命名して、売り出していました。それがテレビに紹介されると、爆発的に売れるようになり、一日200個程度だった販売が、今では一日2000個にまで伸びたそうです。

所変われば品変わると言われる通り、その地域、その県によって、独特の食べ物はあるようです。

その地域に行かなければ、購入出来ないようにしておけば、人気は続くのですが、つい、もう一稼ぎと欲を出し、新幹線の止まる駅に、どこにでも配置するようになると、もう稀少性はなくなってきます。

絵を見ると、懐かしさを感じました。柳原 良平さんの絵を見ると、「トリスを飲んでハワイに行こう!」という昔のサントリーの広告を思い出しました。

いただいた横濱ハーバーは大人気でした。柔らかいスポンジ状のマロンクリームは甘すぎず、美味しく頂きました。

2013年1月23日(水)