社会人大学院の役割は、理論の研究と理論を実践する事です。そして、理論と実践に基づく教育も、大切な役割です。

社会人大学院 経営学コースでは、何十年もかけて修得した実務に基づき、理論研究をします。 江上豊彦さんが来て下さいました。

社会人大学院経営学コースでは、大学院の果たす役割の研究と教育に、実践経験からお手伝いします。

年の初めに、おめでたい話が入ってきました。メールで連絡があったのは、兵庫県立大学大学院の社会人コースで一緒に学んだ、MBAの会の友人、江上豊彦さんです。地元の有力企業であるノーリツの執行役員に選出されたとの事でした。

江上豊彦さんは、大学では工学部で、専門は電子工学です。就職の時は、某ゲーム機械メーカーかノーリツか、二者択一したそうです。

江上豊彦さんは、兵庫県立大学の大学院では、中橋國藏先生の元で経営戦略を専攻していました。

働きながら大学院で業務に関わる研究をし、研究成果として修士論文を著しました。その努力が認められたのか、それとも、日常の仕事ぶりが評価されたのか、執行役員に抜擢されたのは両方の理由かもしれません。

 ≫2006年1月 新年会

兵庫県立大学が、神戸商大という学校名だった頃、2000年に初めて社会人大学院のコースを開始しました。その後、社会人大学院で学ぶ同好の志が集まり、研究を続けるMBAの会を作りました。

楽しかったのは、皆集まって飲み会をする事です。利害関係を離れて、研究仲間として一緒に飲み会をしたときの気分は、少しアカデミックな雰囲気もあって、とても美味しいお酒です。

 ≫2012年6月 親睦会

小西一彦先生の元では、社会人大学院を修了したあと、学部生に経営学を講義する非常勤講師の役目を頂き、専門分野のテーマで、経営学の実践的な講義を行いました。

 ≫2009年2月 懇親会

小西一彦先生や中橋國藏先生の元で、実践マーケティング研究会も行いました。江上豊彦さんとは、このように、研究会や勉強会で繋がってきていました。

社会人大学院に入学するきっかけは些細な事でも、その後に向学心が高揚し、博士課程後期を目指し進学して、とうとう博士号を取得する人も、兵庫県立大学から出ています。

江上豊彦さんが我が社を訪ねてきてくれたのは、実は、我が社の古くからの顧客でもあるからです。さっそくお祝いに、沖縄の泡盛を差し上げました。

2013年1月8日(火)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です