豚蒲丼を食べてきました<三宮センタープラザ西館地下・まるたか>

豚蒲丼を食べてきました<三宮センタープラザ西館地下・まるたか>

お昼に、三宮センタープラザ西館地下・まるたかに行って豚蒲丼を食べてきました。

朝日新聞の夕刊(2012年7月17日)に、ウナギ高騰の影響で「代用かば焼き」の紹介があり、その記事の中に三宮センタープラザ西館地下・まるたかの「豚蒲丼」が紹介されていました。「豚蒲丼」は”とんかばどん”と読みます。

「豚蒲丼」が気になり、さっそくまるたかに行ってみました。センタープラザ西館地下の飲食店街は、1時過ぎでも賑わっていました。

先の朝日新聞の記事によると、650円の「豚蒲丼」は今やまるたかの看板メニューとのこと。文字どおり看板になっていました。

鰻丼定食が1300円ですから、豚蒲丼の650円は鰻丼定食のちょうど半額です。

お昼なので他にもランチメニューが並びます。他のお客さんを見ていると「サーモン・イクラ丼」を注文している人が多かったです。コロッケまでついて、お得感があります。

「豚蒲丼」は、ウナギのかば焼きと同じたれで豚バラ肉を焼いてご飯にのせた丼です。

ウナギのかば焼きのたれの香ばしい香りがただよい、食欲をそそります。

お店の方から「ウナギのかば焼きと同じタレで焼いてあるから、山椒をかけてどうぞ」と勧められました。

ホカホカご飯に、香ばしい香りのするお肉がのり、そのタレがご飯に染みて、とっても美味しかったです。

この丼ですが、ご飯がかなりたっぷり入ります。特に大盛りにはしませんでしたが、それでもお腹いっぱいになります。途中で休み休み食べました。

お腹いっぱいになりお店を出ると、刺身定食650円が売り切れになっていました。

美味しい「豚蒲丼」をご馳走様でした。真夏になんだかスタミナがついたような気がします。

2012年7月31日(火)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です