食べログ 焼肉きらくの経営理念を聞きました。お客様が喜んでくれることが、お店の満足だそうです

焼肉きらくの経営理念は顧客満足経営です。お客様が喜んでくれることが、お店の満足だそうです。 焼肉きらくへ行きました(2)

焼肉きらくの経営理念を聞きました。顧客満足追求の経営です。岡村正子さんは、お客様が喜んでくれることが、お店の満足だそうです。

昔話は、きらくのお店を拡張する時の話です。

**

50年前の創業時は小さなお店で、それがお客様がどんどん増えて、店が手狭になった時、30年前に決断して隣地を買ったときの事とか、広告をしないで、口コミや紹介でお客様が増えて来た様子などは、顧客満足追求の経営で、松葉博雄の考え方とも通じてよく分かりました。

インターネット広告を勧誘された時、広告をみてお店にきてくれたお客様に、特典としてビール1杯無料サービスをつけるように、広告会社に言われたそうです。

それでは、ビールの無料サービスが無くても、今まで来て頂いてたお客様に差が付いて申し訳ないと、広告会社の提案を蹴ったそうです。

** **

注文した事のなかったホルスキ焼きを、ぜひお食べなさいと推奨されました。鍋のガスの火が弱かった時、「これではダメですよ」と、ガスの火の調整の指導を受けました。

二日ほど前に、テニスの選手の伊達公子選手がホルスキ焼きを食べて、くせになりそうと言ったそうです。 ママさんの講釈では、焼肉を食べた後でも、ホルスキ鍋はヘルシーなので、お腹に入るそうです。

**

岡村正子さんのお母さんが50年前にお店を始めた焼肉きらくは、ご主人の岡村光博さんで2代目になり、さらに3代目は息子さんが跡を継いで、さらにお店は50年から60・70年と続きそうです。

**

岡村正子さんの顔の艶がとってもいいので、松葉博雄の奥さんは肌の艶の話をしました。やはり毎日とは言わないまでも、美味しい焼肉と、ホルスキ鍋を食べてるおかげだそうです。

**

ホルスキ鍋とは、野菜たっぷりのホルモン鍋を食べた後、うどんを煮込みます。さらに少しだけ雑炊を作ります。野菜がどんどん汁を出し、鍋に水分が行き渡ってきました。

**

唐辛子を使っているので、鍋は赤みを帯びて辛そうに見えても、食べてみると適当な辛さです。綿のような柔らかいホルモンは、福岡で食べたもつ鍋を思い出します。

**

「松葉博雄は焼肉屋さんをオープンしたいので、開店の為の修行に食べに来ました」と、冗談を言うと、ママさんは「焼き肉屋さんはそんなに儲かりませんよ。大変なのは仕入れです。特に上等なホルモンの仕入れは、強い仕入れルートが必要なんです」と言いました。

** **

昔は、ホルモンは『放る物(ほうるもの)』と言ってたくらい、バケツいっぱい仕入れても、ほんの僅かな値段でしたが、昨今の焼肉ブームで、どんどんホルモンは見直され、値段は上がって入手も困難となり、そのわりには販売価格は上がらず、絶対に肉よりも高くはできないそうです。

うどんの後、少しだけごはんを入れて、ネギをいっぱいかけて、少し煮込んでくると、お粥の出来上がりです。卵は使いません。 頂いてみると、またこれが美味しくて、なるほど別腹だと思いました。

**

業界の苦労の話を聞けば、松葉博雄はたちまち焼き肉屋の開店は見送りますと言うと、ママさんはそれがいいですよと、肯いてくれました。

**

これまで、きらくには満席の時ばかり来ていたので、岡村正子ママのサービスを受ける事がありませんでした。こまめに席をまわり、話を盛り上げ、焼き肉の焼き方を指導し、美味しい食べ方を教えてくれました。

今日は閉店近くに来てよかったです。今日はママさんにサービスをして頂いて、来て良かったです。と、お礼の言葉が自然と出ました。

** **

帰りにタクシーで帰っている時、阪急春日野道辺りでタクシー同士の交通事故があったようです。警察の現場検証が始まっていました。

タクシーに乗るとよく尋ねる質問は、

①これまで乗せたお客さんの中で一番遠い距離はどこでしたか?

②今まで、乗り逃げされた経験と、被害金額はどのくらいですか?

これまでの①の記録は、東は東京、西は鹿児島でした。②の経験は、たいていの運転手さんにあります。

2012年2月4日(土)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です