社団法人 日本小児科医会 キャンペーン活動

★タバコから子どもたちを守ろう

松葉博雄は社団法人 日本小児科医会の理事をお受けしています。
日本小児科医会では、子どもたちの健全な育成と健康を守るために多くのキャンペーンを行なっています。
その中で、代表的な身近な問題をご紹介させて頂きます。

日本小児科医会では、たばこから子供を守ろうというキャンペーン活動をしています。

大人がたばこを吸うことにより、周りの子供がたばこの空気を吸ってしまう「副流煙」による発癌、有害物質、ダイオキシン等による発病の予防を呼びかけています。

子供が副流煙を吸うと、

1.乳幼児突然死症候群(SIDS)の原因に
2.喘息発作、急性気管支炎、肺炎、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)、アデノイド増殖、中耳炎、扁桃肥大、 髄膜炎、ペルテス病、歯肉着色、アトピー性皮膚炎、等などの原因に
3.病気入院が増える
4.身長の伸びが悪くなる
5.知能の発達が劣る
6.虫歯になりやすい
7.成人後の発癌率が高くなる

(「『禁煙指導書 タバコから子どもを守ろう社団法人』日本小児科医会 2003年」より抜粋)

何気なく大人が吸っているたばこの煙が、大人にとっても子供にとっても受動喫煙となります。
副流煙の方が有害物質は多く発生し、子供にとっては虐待となります。

(注)「SIDS」とは、乳幼児突然死症候群(Suddun Infant Death Syndrome)の略で、何の予兆や既往症もないまま乳幼児に死をもたらす疾患です。