神戸ベンチャー研究会

神戸ベンチャー研究会 -沿革-

神戸ベンチャー研究会が、第1回目の設立総会を行います。

神戸新聞 2001年(平成13年)1月30日 火曜日 第10面(地域経済面)に、
神戸ベンチャー研究会設立総会の記事が掲載されました。
※神戸ベンチャー研究会サイトより抜粋

午後6時より、兵庫学習プラザ(神戸交通センタービル4F)にて神戸ベンチャー研究会設立総会が開催されました。

神戸商科大学大学院の小西一彦教授と、ベンチャービジネス特論の講座を担当された鈴木克也先生の呼びかけにより、2000年4月より入学した社会人大学院生第1期生を中心に、ベンチャービジネス研究の一環として、神戸ベンチャー研究会を設立することとなりました。

大学教員、研究機関研究員、大学院生、ベンチャー、実務家、行政マン、その他、多様な職種の方、総勢30人余りのご参加をいただき、設立総会が盛大に行われました。

設立総会は6時30分に議事終了し、引き続き第1回月例会が開催されました。

松葉博雄の司会の下、第1回の月例会の内容は、鈴木克也先生より、神戸商科大学大学院経営学研究科2000年度開講科目であった「ベンチャービジネス特論」の活動成果報告書『ベンチャー研究論集』(鈴木克也編、神戸商科大学大学院経営学研究科経営学専攻、2001年)の出版の経緯と内容紹介、及び、次のような提案がなされ、承認されました。

本年度活動成果として年内に出版予定の出版物のテーマを『神戸ベンチャーの課題と展望』とする。その際、以下の5点に留意します。

1. 神戸地域の活性化においてベンチャーの活動が決定的に重要であるという認識。
2. ベンチャーの実態調査を行うべきだ。
3. 本研究会を中心に企業家のネットワークを構築すべきだ。
4. ビジネスプランの発表の場とし、いいプランにはエンジェルがその活動の支援をしていくべきだ。
5. 他地域との交流をすべきだ。

2001年1月27日

記事リスト
2005年
03月
15日
01月
28日
2004年
11月
19日
05月
26日


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です