たつの市三津町黒崎とは、新舞子浜でした。

日帰り温泉ツアーは、新舞子浜に面するお風呂でした。たつの市でグルメと温泉(2)

日帰り温泉ツアーと思っていましたが、サービス係の女性に、潮里の温泉は、天然温泉ですか?と、尋ねると、「この辺で温泉は、赤穂まで行かないとありません。」と言われてしまいました。

**

そういえば、綾部山の近くに、国民宿舎「新舞子荘」があって、そこの温泉は、準天然温泉と書いていました。準天然温泉とは、地下からわき出す天然温泉ではなく、天然温泉に含まれた含有物をくぐらせて温泉を作っています。

**

そうなると潮里は、準天然温泉でもないようです。つまり、今日の近隣ツアーは、温泉ツアーではなくなってしまいました。

**

懐石料理を頂いたあとは、お風呂に入ります。平日のお昼間だったので、貸し切りでした。新舞子荘で見た景色と、よく似ています。

**

露天風呂からは、すぐ海が見えます。沖縄のような白い砂浜ではありませんが、岩場に穏やかな波が寄せ、太陽の光に照らされてキラキラと輝き、なかなか風情のある景色が広がります。

**

お風呂から見て、左側の播磨灘の向こうに、家島が見えます。

**

今日は、初めての懐石宿「潮里」の利用ですが、別棟があるようで、料金表を見れば、露天風呂付き客室と露天風呂付き離れが用意されています。元皇族の別荘を改築した由緒正しい落ち着きがある別棟が、外からも見えました。

**

懐石宿「潮里」を出て、次の目的地へ向かいます。道路に柵があり、そのすぐ下には播磨灘があります。

**

200メートルほど、海に沿って、右の方向へ進むと、何度も来たことのある駅舎風の土産物屋「海岸物語」の建物がありました。

**

ビーチハウス「海岸物語」から、海に向かって左方向に進めば、今日の懐石宿「潮里」があったのです。位置関係が分かれば、なんだ、そうだったのかと納得です。

**

今日は風の強い日で、3月も下旬だと言うのに、防寒着がないと寒いほどの外気の温度で、松林を歩いてみようと思っても、寒くて、寒くて仕方がありません。

**

この松林の松を剪定している時にも、ここに来ています。

**

中学生の部活のような団体の生徒達が、先生に引率されて、この近くの宿を利用していたようです。宿の女将さんに、隊列を組んで、お礼を生徒の代表が言っていました。

**

この新舞子浜は、4月5月には、潮干狩りが開催されます。先ほどの宿のサービス係の女性に尋ねると、潮干狩りの頃は、入場料1,000円から1,500円で、あさりが獲れます。

**

もちろん、あさりがそんなにいる訳がなく、前の日の晩に、よそから買って来たあさりを、新舞子浜に撒いておき、何も知らない家族連れは、あさりが獲れた獲れたと、喜ぶような設計になっています。

2011年3月24日(木)