40周年記念の年に、40周年記念らしい事を、通年で考えています。40周年記念第一弾は、日帰りカニ旅行です。

40周年記念の年に、40周年記念らしい事を、通年で考えています。40周年記念第一弾は、日帰りカニ旅行です。 さんプラザコンタクトレンズ40周年記念 日帰りカニ旅行in城崎(6)

40周年記念の年に、40周年記念らしい事を、通年で考えています。 40周年記念第一弾は、日帰りカニ旅行です。

日本交通のバスは、朝市きのさきへ、カニを中心とした海産物のお土産を買いに立ち寄ります。

40周年記念のカニ旅行のバスが到着すると、お土産屋さんの「朝市きのさき」の責任者のような人が、すぐにバスに乗り込んで来て、皆さんが降りる前に、蟹の買い方の説明をしてくれました。

****

話はこんな具合です。 カニが1杯だと4000円、2杯だと7000円、3杯になるとなんと、10000円ということです。 実にわかりやすいインセンティブです。 この手の売り方は、饅頭1個が4円、3つ買うと10円といった売り方で、おなじみです。

**

ひとりで買わなくても、大丈夫です。 グループ買いをすれば、共同購入をして、是非安く、お得に持って帰ってくださいということでした。 40周年記念カニ旅行の社員の皆さんへ売る気満々です。

**

早速バスを降りて、見てみます。 大きな蟹が並んでいます。 やはり、大きなカニには、捕獲地を示すタグが足に取り付けられています。

このタグがあれば、産地証明となります。 有名なのは、柴山港、津居山港、香住港のタグです。

**

40周年記念旅行の帰りの便なので、買うか買わないか、とりあえず決心が必要です。 それでもまだ、選択肢として、和田山のパオパオが残っています。

**

ここで買うか、パオパオで買うか、そんな顧客心理を見透かして、お店の責任者の人は、今買えば、ここで買えば、これもオマケ、あれもオマケ、そのまた隣の魚もオマケしますと、在庫のカニを現金に換える為に、残されたチャンスに賭けています。

**

少しくらい安くして売っても、この後いつ売れるか分からないよりは、今、目の前にいるカニをほしがっている人に、売った方が得なのです。

**

このような、お土産屋さんと、40周年記念バスツアーのお客さんの価格とオマケの駆け引きは、経営学的には、ゲーム理論で説明されます。

松葉博雄は、お店を一周してみると、自宅や実家へのお土産として、クール宅急便で送っている人もいました。

**

室内に入ると、加工食品が売っています。

美味しそうだなと思うものは、せっかくなので買って帰ります。 選んだものは、軽い物です。干物、焼き海苔、うるめイワシなどです。

**

朝市きのさきで、買い物を済ませたメンバーは、駐車場の端っこで遊んでいます。

**

大きな雪の塊で、雪合戦をしたり、雪に埋もれたりしてはしゃいでいました。

****

朝市きのさきを出て、来るときにトイレ休憩に寄った、「和田山パオパオ」でトイレ休憩です。 ここでも、お土産を見たりします。

**

バス停には、同じようなバスがたくさん並んでいて、どのバスか分からなくなってなかなか戻ってこない人も居ます。 他のバスとの違いは、40周年記念カニ旅行と表示されています。 バスから時々顔をだしながら、誘導して待ちます。

**

帰りのバスは、だんだんと静かになっていきます。 40周年記念行事は、美味しい蟹を食べて、温泉を楽しんだり、散歩をしたり、雪で遊んだりして、皆さんお疲れモードです。

**

高速道路から、西に沈んでいく夕日を見ているうちに、高い山の向こう側に、日は沈んでしまいました。 日が沈むと、稜線が、影絵のように浮かんで、なんとも言えない気持ちの安らぎを感じます。

感心したのは、今回の日本交通のバスの運転手さんの、時間管理です。行く時もピッタリ、帰り時も時間がピッタリ。 19時に、予定通りバスは三宮に到着しました。 バスは、さんプラザコンタクトレンズの直ぐ近くに停めてくれました。

楽しかった40周年記念の蟹旅行は、あっという間でしたが、明日からも仕事をがんばって行きましょう。 また、来年もこのメンバーで来られるといいなと思いながら、解散しました。

2011年2月3日(木)