美保湾が見える夢みなと公園では、境港さかなセンターがあります。市場食堂で、境港さかなセンターで買ったお魚を、その場で料理してくれたら流行ると思います。

美保湾が見える夢みなと公園では、境港さかなセンターで買ったお魚を、市場食堂で料理してくれたら流行ると思います。 山陰地方 観光 境港ツアー(6)

おいしいお米を作るには、水、土、太陽が、揃うことで、美味しいお米ができてきます。仕上げは、刈入れた稲穂を、天日干しすると、美味しい味になるそうです。ほとんどが、機械の乾燥ですが、ここ山陰の境港では、田んぼのあちらこちらで、天日干しをしています。

境港 さかなセンター

山陰の移り変わるお天気の下で、天日干しを上手くやるには、雨が急に降ったらどうするのか心配になりました。

境港 さかなセンター

刈り取られた稲穂を干している田んぼを見て、秋の訪れを感じました。もうすぐ、新米が市場に出回ります。

境港 さかなセンター

先の、境港水産物直売センターで、まとめ買いするのは避けて、次の境港さかなセンターへ向かいます。

境港 さかなセンター

夢みなと公園には、埋め立て地を利用した広い土地に、何件もの新しい事業を目指していくつもの企業が、進出しています。

境港 さかなセンター

その中で境港おさかなセンターでは、近隣の日本海で捕れた魚や水産物を直販しています。やっていることは、先ほどの、境港水産物直販センターと、違いはありません。そうなると、一軒一軒のお店の競争と、魚センター同士の競争の二つの競争が、分かります。

大型バスを誘導し、団体客がどっさり訪れると、さかなセンターは活気づきます。

境港 さかなセンター
じっと立ち止まって、どんな熱意でアプローチしてくるか待っています。

境港 さかなセンター

「安いですよ」だけでは、だめです。

境港 さかなセンター

もう一声、「お客さん、この値段より安くしますよ」とか、「よその店とここが違うんですよ」と、納得できる勧誘があれば、足は止まります。熱心な勧誘を受け、イカを買いました。

境港 さかなセンター

捌いてくれます。一軒一軒が、同じような魚や水産物を扱っていても、販売員の声の掛け方、魚の勧め方、熱意、態度、粘り気などが、お客さんの足を止めるかどうかにかかっています。

境港 さかなセンター

主婦は台所で魚を捌くの、はウロコが飛ぶ、手がくさくなる、キッチンも汚れるなどの理由で、したくないのです。

境港 さかなセンター

安い魚でも、高い魚でも、主婦にとってみれば、包丁を手に取り、魚と格闘するのがいやなのです。

境港 さかなセンター

そこをちゃんと読んで、「奥さん、ちゃんと捌いておきますから、買って下さい」の一言があれば、少しくらいの値引きよりも嬉しいのです。

境港 さかなセンター

境港は日本海有数の港町であり、妖怪達のふるさと、水木しげるワールドがひろがる駅があります。水木ロードと呼ばれる、境港から水木しげる記念館までの道沿い周辺には、妖怪達がいっぱいいます。

あちらこちらに、妖怪のオブジェが置かれていて、現在は、総数133体の妖怪が、街のあちこちに鎮座しています。

境港 鬼太郎

松葉博雄と奥さんは、ガイドブックを読みながら、美味しい寿司屋を探しています。ちょうど、ガイドブックに紹介されているお寿司屋さんが、目の前にありました。

店頭の見本では、いかにも美味しそうな、日本海の味を凝縮したような、ここで食べないと後悔をしそうな、大変よくできた見本でした。

境港 鬼太郎

大きな食堂には、団体客が席を埋め、個人客が座る座席がありませんでした。お店の人は、バスの運転手さんがお昼を頂く、別のテーブルに案内してくれました。

境港 海鮮丼

新鮮な魚介類を扱っているので、部屋の冷房は、相当強く効いています。寒いくらいです。

境港 海鮮丼

一方、広い窓から、美保湾の美しい景色が見えるはずですが、松葉博雄がブラインドをあげて、美保湾を見ようとすると、太陽の熱が、窓から伝わってくるので、冷房効果が悪くなり、絶対に開けないで下さいと制止されました。

境港 海鮮丼

美保湾が見える美しい景色を、借景にして、料理の味をあげるはずが、冷房効果の方が優先され、美保湾は見えませんでした。

境港 海鮮丼

境港 海鮮丼

ガイドブックをもう一度見直してみます。

境港 海鮮丼

どうも、書いていることと、目の前の現実に差異があります。

境港 海鮮丼

不思議に思うのは、自動販売機の食券が、片方はプリントされていて、もう一つは手書きです。

境港 海鮮丼

海賊にぎりは、2790円でした。魚センターでは、新鮮な魚を売っているのですから、その魚を持ち込んで、料理をしてもらって、食べるようなシステムを作れば、観光客も喜び、魚センターも売上があがるはずです。

境港 さかなセンター

お昼を食べたあとは、大山に向かいます。さかなセンターと食堂の、ふたつの機能を結びつければ、観光客は今買ったばかりの新鮮な魚が、美しい美保湾を見ながら、食べられるのになぁ・・・と、思いながらお店をでます。

2010年9月16日(木)