播州赤穂道中記(Part2)~赤穂御崎の梅林・坂越港・奥藤酒造

瀬戸内海国立公園「赤穂御崎」は、播磨灘に面し、斜面は切り立った岸壁になっています。

播州赤穂

梅林があり、これから梅が咲き始めようとしていました。

播州赤穂11

赤穂といえば忠臣蔵、忠臣蔵と言えば大石内蔵助ですが、御崎公園には内蔵助の銅像がありました。

播州赤穂12

この後、御崎公園に沿って海岸線を走ると、坂越(さこし)港に至ります。

播州赤穂13

坂越港には、牡蛎の直販所と海の駅があります。

播州赤穂12

牡蛎はもちろん生牡蛎で、殻つきです。これをおみやげに買いました。1キロ入りでおよそ8~9個の牡蛎が入っています。

播州赤穂15

これをサランラップで巻いて、レンジで焼けば わりに簡単に焼き牡蛎が食べられました。坂越の港からほどなく西へ行けば、坂越まち並み館に突き当たります。

播州赤穂14

造り酒屋の奥藤酒造郷土館に寄ってみました。

播州赤穂16

新酒が出来た合図が、ぶら下がっています。ここの銘柄はその名もずばり「忠臣蔵」です。

奥藤酒造では、酒かすを買って帰りました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です