2005年6月9日の大阪倶楽部

大阪倶楽部で経営者勉強会がありました。本日のテーマは、「日中経済交流セミナー」でした。講師は元住友銀行取締役の大森経徳氏です。

大阪倶楽部で経営者勉強会

大森氏は、中国に調査に行き現地をよく調査した上で、提言を書かれています。勉強会に参加し、隣の席に偶然座れば、そこから名刺交換があり、少しずつお友達ができていきます。

大阪倶楽部で経営者勉強会

向かいの席に座った方は、大手建設会社の専務をしていらっしゃる若手経営者の方でした。建設会社から見ると、中国市場は建築需要がたくさんあり、目の離せないプロジェクトがわんさかありそうです。水、電力、石油、鉄鉱石、鉄道、道路などの土木工事や建築工事をともなう、環境構造改革工事が目白押しにあるようです。

勉強会の後、他の部屋に行き、クラブ活動を見て回ると、4階では書道の勉強をしておられました。

クラブ活動書道

講師の先生がどんどん和紙に流れるような漢字を書いていき、そばにいる人は、すぐに墨を和紙で吸収していきます。

クラブ活動書道

私もちょっと習字には興味がありましたが、こんなに達筆でどんどん書いている様子を見ると、一歩後ろに引いてしまいました。

クラブ活動書道

廊下には、写真部の写真作品が掲示され、倶楽部員であれば、自由に鑑賞ができるようになっています。

写真部の写真作品

この写真は、どこかで見た絵の構図にどことなく似ていて、私の興味を引きました。

写真部の写真作品

写真には、それぞれ氏名が掲示され、その脇には、作品の評価を表す、一席、二席、とかの表示がありました。残念ながら、私にはまだ一席といえば、一席に見えるし、三席といえば、三席かなと思うぐらいの鑑賞力しかありませんでした。何回も良いものを見ていれば、そのうち鑑賞眼も養われることと思います。

2005年6月9日(木)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です