住宅建設の保証は長く、不具合が出ても修理をしてくれます。

プロフェッショナルには、プロの意識があります。パイオニア創業者松本望さんが作ったパイオニアは、音響からカーナビへと事業を変えてきています。共通理念は、世の中を明るくすることです。社長ブログ/神戸の社長/パイオニア

台風19号が関東に接近して、淡路島にも断続的な雨が降り続いています。

今朝、昨夜の雨がやんで、少しお天気が回復した頃、軽トラックが家の前にとまりました。

外のタイルが浮き上がってきて、歩くのに障害となったので、設計施工をお願いした会社に連絡をして、以前にも一度修理してもらったのですが、またタイルが浮き上がってきました。

家の中の開き戸一部が、落下してきたので、こちらも一緒に修理をお願いしました。

外のタイル工事の方が大変なようです。

タイルを剥がすために、まず電気カッターでタイルのつなぎ目を切断して、切断の時に生じるコンクリートの粉を電気掃除機のようなもので吸い取りながら、切断をしていました。

タイルの継ぎ目を切断して、一枚一枚のタイルが、切り離す事が出来ると、タイルを持ち上げて、これまでのタイルを剥がしていきます。

2回目の修理なので、今度こそ、タイルが浮き上がらないように、今日の職人さんにお願いしました。

職人さんの話では、どうしてタイルが浮き上がるのか、原因がわからないそうです。

これまでは、第一回目は接着テープで接合し、二回目は接着剤で接合したそうです。

それでも、タイルは浮き上がるので、三回目はモルタルを使って接合するそうです。

軽トラックで積んできた砂とセメントを機械で混ぜて、接合用のセメントの出来上がりです。

子どもの頃に見ていた、左官屋さんがやっていた方法とは、随分進歩しています。

子どもの頃見た左官屋さんのセメントの混ぜ方は、全て手仕事です。

それが今では、料理の時に使う攪拌機の、親方のような大きな攪拌機を使って、電動でセメントと砂を混ぜています。

修理が終わるまでは、しばらく時間がかかるので、その時間を有効に使うため、しばらく近くのお店に買い物に行っていました。

買い物から帰ってくると、縁側のたたきのタイルは、キレイに貼り替えられていました。

今日の修理は保証期間の修理なので、これを負担するのは、下請けで実際に請け負った、左官屋さんの負担になるようです。

左官職人のお兄さんは、自分の判断ミスによる、不具合の発生なので、もし、またタイルが浮き上がるような不具合があれば、私の方に言って下さいと、左官職人としてのプロ意識を感じました。

プロフェッショナルの意識は大切です。この夜、テレビを見ていると、神戸出身のパイオニアの創業者の話が紹介されていました。

アメリカで開発されていた、ダイナミックスピーカーを、自分で研究して、創意工夫を加え、日本製のダイナミックスピーカーを作り、アメリカのダイナミックスピーカーの半値で、製造販売出来たそうです。

パイオニアの創業者の松本望さんは、音によって日本人に、幸せな環境を作りたかったそうです。

パイオニアの創業者の松本望さんが、神戸出身の方とは知りませんでした。

音響のパイオニアは、その後大きく発展し、株価も高い値段を付けていましたが、今パイオニアの株価は、当時と比べて10分の1以下になっています。

しかし、現在のパイオニアは、ドイツの企業と共同研究をし、自動車に積載するナビゲーターに力を入れ、将来的に無人操縦が可能となるような、精密な10cm程度の精密なナビゲーターを開発するようになっています。

パイオニアの新しい取り組みに、期待したいと思います。

2015年9月10日(木)