測量の理論と実践 ヘロンの公式で面積の計算、図面作成 淡路景観園芸学校 受講記 ㊲

投稿No:9019

測量の理論と実践 面積の計算 ヘロンの公式 現地図面作成 

測量の理論と実践 

先日、整地した花壇の予定地を、

今日は、面積の測量をして、図面をつくる演習です。

しかし、外は雨で、現地での実測はできません。

そこで、代わりに、講堂の空いた場所に、

ロープを使って、模擬の花壇予定地としました。

この予定地の、面積を測量し、実測図を作成します。

室内なので、地面は平坦です。

実際の現地は、起伏がありました。

 

花壇予定地の測量

ロープを使って、これから測量する模擬花壇の縄張りをつくると、

各班で実際に測量して面積を出していく練習です。

最初に測量する方法を学びました。

インストラクターが測量するポイント地点を決めて、

それぞれの場所にマーキングを置いていきます。

巻き尺と測量棒を持って、長さを測っていきます。

花壇予定地の測量の理論

この測量の方法は、ヘロンの公式を使います。

予定地全体を小さな三角形に分割して、

ひとつひとつの三角形を測量することで、

全体図を作っていきます。

測量に使う棒が、傾いたり、

垂直になっていなければ、正確な距離が測れません。

そのためには、水平になる水平器をとりつけていきます。

各班で交代して、4つの班がそれぞれの測量結果を発表しました。

4つの班はいずれもわずかな誤差が出ました。

測量の理論 面積の計算 ヘロンの公式

全体の面積ができると、

今度は花壇を設計するための土地平面図を作成していきます。

これもヘロンの公式を活用した

三角形の積み重ねを図面に描いていきます。

測量の実践 測量図作成

こうすることで、だいたいの土地図面ができあがりました。

今日の演習はここまでで、

測量の簡単な方法は学ぶことができました。

淡路景観園芸学校 受講記 関連記事 アーカイブ

2021年6月6日(日)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください