愛犬りんりんは、さんプラザコンタクトレンズのマスコットキャラクターとして今も活躍しています。

さんプラザコンタクトレンズのりんりんの新しいクリアファイルと、ビニール袋が出来ました。

当店のクリアファイルのデザインを新しくしました。

『虎は死して皮を留め、人は死して名を残す』と言われていますが、愛犬りんりんが亡くなってからも、我が社でりんりんはマスコットキャラクターとして活躍し続けています。

最近は値上がりがぼちぼち出始めていて、ビニール袋の値上げの通告を受けたので、値上がりの前にまとめて注文した結果、沢山のビニール袋も事務所に届きました。

オリジナルのビニール袋は、お客様に使い捨てレンズの箱を入れて、お渡ししています。

メガネの販売にも利用しているので、両面の絵柄には、一つはりんりんがメガネをかけていないバージョンで、もう一つは、りんりんがメガネをかけているバージョンになっています。

りんりんのキャラクターは、生前のりんりんを参考にして作成しました。

作成したのは、私ではなくて長女です。

りんりんは誰にでも懐いて、皆から可愛がられていました。

沢山の納品が一度にあると、これをどこに保管しようかと悩みます。

倉庫にも、いろいろな書類や販売用品が収まっています。

倉庫をいっぱいにしているのは、税務調査用の各種資料です。

森友学園問題の答弁をした財務省の佐川宣寿さんは、資料はすぐに破棄したと国会で答弁しました。

しかし、私達民間業者は、税務用の資料は10年の保存を求められています。

毎日の業務に沢山の紙書類が発生します。

これを10年分保存するのは、自費で高い倉庫を借りるか用意するか、求められているのです。

りんりんのクリアファイルは、メルヘン調の可愛らしい絵柄になりました。

りんりんの頭上に、風船のように、コンタクトレンズが浮かんでいるのです。

ビニール袋は、メーカーからの提供もあります。

しかし、自社のビニール袋の方が、持ち歩いて頂いた時に、広告効果が期待できます。

ビニール袋は比較的短命ですが、クリアファイルとなると、もっと長く利用して頂ける可能性があります。

りんりんの絵柄が今でも活躍している事を、りんりんもきっと喜んでくれていると思います。

さんプラザコンタクトレンズのお店の中では、クリアファイルやビニール袋だけでなく、いろいろなグッズにりんりんのキャラクターを使用しています。

生前は家族を励ましてくれ、亡くなった後も、キャラクターになって活躍してくれているので感謝です。

2018年1月24日(水)