三つ指をついて、「いってらっしゃいませ」とお見送りが出来る、お利口さんなシーズー犬りんりん

りんりんは、いつも周りに誰かがいると、安心します。しかし、家族が留守になると、留守番役をしないといけません。

今回は、松葉博雄は沖縄に行くので、りんりんに、言って聞かすことがあります。「留守をしっかり守ってください」ということです。

りんりんに向かって言います。「りんりんは男の子だから、もし、何かあったら、しっかり留守番を頼みますよ」とりんりんに厳しく言って聞かせます。

りんりんは、耳を傾けて、真剣に聞いています。

そして、りんりんが納得すれば、留守は大丈夫です。

りんりんは、分かったら、両手を前について、「いってらっしゃいませ」ときちんと挨拶が出来ました。

これでりんりんは、留守番が出来そうです。

2007年6月14日(土)