育児休暇中のママさんが、赤ちゃんを連れて、在宅勤務の報連相にやってきました。

神戸市も保育園の入園が難しいようで、三人の子どもがいても、働きたくても入園出来ていません。

育児休暇中の我が社の女子社員が、三人目の子どもを見せに来てくれました。

社長さんが、赤ちゃんを抱いているブログ記事を先日も書いたばかりです。

会社に赤ちゃんを連れて行くのは、憚る考えがありましたが、私は赤ちゃんを連れてくる事に対して賛成なので、赤ちゃんを抱っこさせてもらうと、嬉しくなります。

奧さんも、すぐに交代したがって、赤ちゃんを抱きたそうです。

失礼にも、お嬢ちゃんでしょうか?坊ちゃんでしょうか?と確認するほど、元気な赤ちゃんです。

抱っこしてみると、体重がずっしりと両腕に伝わって来ます。

私の誕生祝いにお花を持って来てくれたので、感謝です。

そのお花を、お嬢ちゃんに持ってもらうと、お嬢ちゃんは、興味深そうにひまわりの花を見ています。

本日、赤ちゃんを連れてきたのには、わけがあります。

育児休暇中ですが、在宅でも出来る仕事をお願いしていて、その途中経過の報告に来てくれています。

三人目の子どもが生まれても、保育園の抽選には当たらないそうです。

今時、働きたいお母さんがいても、子どもを預けないと、働くのは難しいのです。

そこで、子どもが居ても、家の中で出来る仕事はないかを考えて、負担にならないようなお仕事をお願いしています。

こうして、時折顔を合わせることで、育児休暇が終わっても、職場復帰がしやすいようにと考えています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です