大塚国際美術館に行ってきました。

大塚国際美術館は、徳島県鳴門市にある日本最大級の陶板名画美術館です。

淡路島から四国に渡ると鳴門市です。

鳴門市には、大塚製薬グループの大塚国際美術館があります。

大塚美術館に奥さんと行ってきました。

美術館の前の切符売り場で入場券が高い事に驚き、一時は入るのをやめようかと奥さんと相談したくらいです。

でも、大変有名な美術館なので、意を決して入りました。

大塚美術館の特徴は、日本と海外の著名な美術品をタイルで複製したことです、

タイルでできたコピーなので、本物とは言えませんが、本物そっくりです。

しかもタイルなので、手に触れても許されることです。

最初はこれがコピーなのか本物なのか、美術館の人に確認しないとわからないほどの出来栄えです。

大変広い美術館なので、ゆっくり回っていたら腰が痛くなるほどの広さです。

昼食は、中庭に池が見える食堂で、奥さんはヴィーナスカレー、私は鯛炙り丼を食べました。

途中、休憩する場所もあります。

芝生が広がる中庭で休憩して、腰が痛いのを休めました。

昔学生のころ食べた、大塚のボンカレーのレトルトパックも展示されていました。

一枚一枚の絵を撮っていると、何百枚もの写真になりました。

この中から、印象に残ったコピーを、次のページに掲載してみました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です