追手門学院大学経営学部「ベンチャービジネス論」でコンタクトレンズのマーケティングとベンチャー性について話をしてきました

追手門学院大学経営学部の「ベンチャービジネス論」の講義をおこなってきました。

追手門学院大学経営学部「ベンチャービジネス論」

追手門学院大学は、今どんどん発展しています。校舎も新しい高層ビルを建設中です。

追手門学院大学経営学部「ベンチャービジネス論」

留学生の方も多く、女子学生の比率も増えています。

明るい華やかなキャンパスに変わってきていることがわかります。

追手門学院大学経営学部「ベンチャービジネス論」

小西一彦先生のお話しでは、年々、追手門学院大学の就職状況は向上しているようです。

追手門学院大学経営学部「ベンチャービジネス論」

小西一彦先生のエネルギッシュな活動に引っ張られて、学生の経営に対する興味も向上し、茨木市の地元商店街の活性化にも取り組んでいるようです。

追手門学院大学経営学部「ベンチャービジネス論」

追手門学院大学経営学部「ベンチャービジネス論」

追手門学院大学経営学部「ベンチャービジネス論」

【講義のあらすじ】

追手門学院大学経営学部「ベンチャービジネス論」

1.起業の心得
経営責任者を目指して今から準備する

2.コンタクトレンズ業界のマーケティングとベンチャー性

3.真実の経営を求めて

企業の目的、社会的責任、利害関係者 マーケティング活動

顧客の創造 顧客満足と従業員満足

4.企業理念、志から始まるビジネス

企業理念、経営理念

5.企業の評判 (コーポレート・レピュテーション)

危機管理、良い評判、日々の努力 ビジョン、名声のルーツ

6.成功を夢見て

I Will Try.-とにかくやってみる-

小西一彦先生のご縁で、追手門学院大学経営学部へ毎年呼んでいただいています。

追手門学院大学経営学部「ベンチャービジネス論」

明るい教室です。約200名ほどの学生が受講しています。

追手門学院大学経営学部「ベンチャービジネス論」

最後に、アンケート用紙に講義の印象や5段階評価をいただきました。

追手門学院大学経営学部「ベンチャービジネス論」

質問もたくさん出て、良い評価と参考になるアンケート結果をいただきました。

追手門学院大学経営学部「ベンチャービジネス論」

つたない講義でしたが、ご静聴ありがとうございました。

2006年6月23日(金)