睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは

睡眠時無呼吸症候群を放置していると、狭心症、心筋梗塞、心不全、不整脈の心臓病に繋がります。睡眠時無呼吸症候群の検査入院(2) 社長ブログ神戸/病気と健康/高血圧/無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群の検査を受ける前に、睡眠時無呼吸症候群とは、というテーマの説明用のDVDを見せてもらいました。

説明用DVDでは、男性がいびきをかくモデルになっていましたが、実際は、男女に関係なく起きているようです。

睡眠時無呼吸症候群が起きるのはなぜ?

仰向けになって眠っていると、呼吸をする喉が、太りすぎによる脂肪沈着、舌が肥大して大きくなる、あごが小さい、扁桃腺肥大、などが呼吸の道をふさいでしまうようです。

睡眠時無呼吸症候群=SAS(Sleep Apnea Syndrome)

睡眠時無呼吸症候群は、略してSAS(サス)です。

SASとは、Sleep Apnea Syndromeの略です。

眠っている時、呼吸をする道が一瞬塞がれて、無呼吸または低呼吸の状態になります。

この状態には、長い時間は続きません。すぐに呼吸をする為に、呼吸再開が起きます。

そしてまた、呼吸が妨げられます。SASは、この状態が繰り返します。

無呼吸症候群が続くとどうなる?

SASが起こす心臓病は、狭心症、心筋梗塞、心不全、不整脈があげられます。

怖いのは心筋梗塞です。夜中に苦しんで、朝起こしに行くと、亡くなっていたという心不全もあります。

日本では、現在睡眠時無呼吸の患者数は、およそ200万人以上と報告されています。

無呼吸、低呼吸の状態は、軽症で1時間あたり15回以内、中等症で30回以内、重症になる30回以上になります。

睡眠時に、一時的にでも、呼吸が止まるわけですから、身体に酸素不足の状況が起きます。

SAS(睡眠時無呼吸症候群)の症状

SASの症状としては、熟睡していない事から、昼間の仕事の時に眠くなる、記憶がハッキリしない、会議などでついうとうとしてしまう、運転の時なら重大な事故に繋がる、居眠り運転や前方後方不注意などが起こる心配があります。

体内酸素の結合は、動脈硬化や血圧の上昇など、心臓に大きな負担がかかります。

日本経済新聞2016年3月12日の記事によれば、50代で増える不眠の悩みが書かれています。

日中の強い眠気、の原因に、睡眠時無呼吸症候群がありますが、その症状は、強いいびき、寝汗、口が渇く、朝の血圧が高いなどがあります。

睡眠の問題について、世代別に気を付けたい睡眠の問題があります。

働き盛りの忙しい世代では、睡眠不足が大きな問題となります。

20代なら、週末に休めばなんとかなります。

30代40代では、疲れが残り、仕事の能率が落ちてきます。

50代になると、無理をしなくなり、睡眠不足は減ってきますが、その代わりに不眠に悩む人が増えてきます。その中に、SASが含まれています。

不眠に悩む中高年の世代では、昼寝をして、寝不足を我慢しようとすれば、夜に目が覚めてる事があります。布団に入って、10分経っても眠れないときは、無理をして寝ようとしないで、一旦、寝床から離れて眠くなるのを待つ方が良いそうです。

不眠と言っても、若い人も、中高年も、皆同じ睡眠時間がいいとは限りません。

勤労世代では、睡眠時間が6時間を切ると、日中に強い眠気が生じ、作業効率が低下します。高血圧や糖尿病のリスクも高まってきます。

熟年時代になると、6時間から6時間半程度で睡眠時間は足りると言われています。

あまり長い時間寝床で過ごすと、寝付きが悪い、途中で目が覚めるといった不眠症状が現れることがあります。

SASの検査『ポリソムノグラフィー』

今回の血圧が高い原因を、ひょっとすると睡眠時無呼吸のせいではないかと仮説し、一晩病院に泊まり、器具を全身に取り付け、パソコンに繋ぎ、呼吸の状況を記録していきます。

この装置は、ポリソムノグラフィーといいます。

器具を身体に取り付けると、もう、勝手にベッドから離れる事は出来ません。

もし要件があれば、深夜でもナースコールをして、器具を一部外さなければ、ベッドを離れる事は出来ません。

問題は、こんなに沢山のコードを身につけて、一晩寝られるかどうかです。

検査担当員の話では、皆さん中々眠れなくても、いつの間にか寝てしまうそうです。

2016年3月



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です