回転寿司の仕組みには、沢山の特許があります。回転寿司の良さは、値段がはっきり分かっている事です。

炭火焼きで、ハモ、穴子、鶏肉、タコ、ゲソ、おにぎりを焼きました。炭火で焼くと、比較的安い食材も、高級料理店並みの味にかわります。その代わり、焼き手は苦労します。

回転寿司の魅力は、安くて美味しいことです。奥さんは、休みの日には料理を作らないで済むように、外食に行きます。どこに行こうか考えて選んだのは、回転寿司です。回転寿司は、お店に入って、席に着いたその瞬間から、好きなお寿司を選ぶことが出来ます。

ぐるぐる廻る回転寿司は、何から生まれたのでしょうか?

最初は、お寿司屋さんからではありませんでした。回転寿司の特許は、単にベルトコンベアーシステム一つと思っていたら、なんと調べてみれば、特許は現在58件申請受理されています。

特許の中には、回転寿司のお皿に蓋をかぶせて乾燥を防ぐアイディア、これも特許になっています。

お皿の色で値段を表すこの方法は特許でしょうか?特許庁で調べてみると、皿の色で値段をわかるようにするというアイデアは、特許の対象になっていませんでした。

寿司と言えばビールですが、お昼に車で来ているので、ビールはノンアルコールビールです。実に味気ない味ですが、ないよりましです。

回転寿司金太郎を出て、お昼御飯が終わったので、これから夕方まで、一仕事です。一仕事と言っても、コンタクトレンズの販売をするのではありません。空いた時間に、この後、1週間分の食料品の確保をします。

考えたのは、美味しく穴子を頂く為には、炭火焼きをまとめてしておくことです。

夏の間に、アリさんが食料をため込んで、冬を過ごすのと同じように、松葉博雄は今の空いた時間にせっせと炭焼きを始めます。

炭焼きは、何度か繰り返している内に、着火速度も速くなり、仕事が上手になりました。

穴子のタレ作りをして、今日は炭火焼きの穴子に、タレをハケで上塗りする方法を採用しています。

カレーライスも、ライスカレーも、同じような物で、穴子の炭火焼きも、ハケで塗っても、タレに穴子をどぶ漬けしても、同じ事だと思っていましたが、奥さんのこだわりが少し違います。

穴子を、どぶ漬けにするのではなくて、お好み焼きのようにハケでソースを塗るように、丁寧にハケ塗りをした方が正統派らしいのです。

次は、鶏肉の炭火焼きです。鶏肉からは、したたるほどの脂が落ちて、その脂は炭火にたれると、たちまち炎となって、一層火力を増します。

ステーキ屋さんに行って、シェフがステーキを焼いている時、ブランデーをかけて、一瞬炎に包む事がありますが、あれと同じように、鶏肉が一瞬炎に包まれると、なんだか松葉博雄も、いかにも良い仕事をしているように思ってしまいます。

次は、夏の味覚のハモです。鱧をもし、自分で骨抜きをすれば、これはもう大変な仕事です。鱧は、骨抜きした、下ごしらえを済ませた鱧を買うに限ります。

余熱を使っておにぎりを焼きます。穴子から始まって、もう2時間近く炭火の前で、食材を裏返したり、表返したり、タレをハケで塗ったり、専門家のような仕事をしています。

隣の家の犬は、もうたまらなくなって、炭火焼きをしているガレージの周りを行ったり来たり忙しそうです。きっと、よだれが出ているはずです。

蛸も焼きます。タコは、塩もみしたほうが、味が良いので、お店で買ってきた後、塩をふってかなり手もみしました。

沖縄の蛸捕り名人の上間光元さんは、出荷する前に蛸を塩もみするのが、人力では追いつかないので、電気洗濯機にタコと塩を入れて、洗濯機が塩もみをしています。

ふにゃふにゃの蛸が、炭火焼きをしている内にだんだんと筋肉質に変わって、固い強そうな蛸に変わってきました。

炭火焼きはまだまだ続きます。もう周りは西日に照らされています。

安くて使い勝手があるのは、げそです。げそを炭火焼きしておいて、いるときに冷凍庫からちょびちょび取り出して、ビールのおつまみにするつもりです。

かなり働いたので、食糧事情はかなり良くなりました。

2015年6月18日(木)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です