総選挙とビジネスを対比してみると、似ているところがあります。

総選挙で有権者の支持を得るには、ビジネスで顧客の支持を得るのと、似ています。3つの要因

①会社・社長の人気 ②商品・サービスの中身 ③社員・担当者の人気 の3つです。

安倍晋三内閣総理大臣が、兵庫一区の自由民主党公認、盛山正仁候補の応援の為に、神戸元町大丸百貨店前に来ています。

インターネットによる応援呼びかけが解禁されたので、以前のように張り紙を貼り、案内するような手間は省けました。Facebookを利用すれば、すぐに伝える事が出来ます。

ビジネスと対比してみると、顧客が、商品・サービスを購入する要因となるのは、

①企業が好き ②商品・サービスの中身が好き ③社員・担当者が好き、この3つが主な要因になります。

選挙の場合に当てはめてみると、有権者が投票するのは、

①政党・党首が好き ②政策が好き ③立候補者が好き、の3つの要因が考えられます。

2014年の総選挙の場合は、②の政策は、アベノミクスの是非を問うています。

こうしてみると、安倍晋三内閣総理大臣が、神戸で盛山正仁候補の応援をして、盛山正仁候補が当選するには、3つの要因、

①自由民主党と、安倍晋三内閣総理大臣に対する信任 ②アベノミクスに対する信任

③盛山正仁候補者に対する信任、の3つが今、問われていることになります。

そこで、この応援演説会を盛り上げるために、自由民主党の党員の皆さんが、それぞれの支援者に、神戸大丸前に集まるように呼びかけて、その結果が今、約1500人の聴衆という結果となっています。

昨年、神戸市長選挙で当選した、久元喜造(ひさもときぞう)さんも、応援に来ています。

会社に当てはめると、ビジネスに当てはめると、社長がトップセールスをして、会社の商品サービスを訴えて、地域代理店の社長や、提携先の幹部社員の皆さんが顧客を動員して、本社社長の応援に駆けつけています。

12月4日付けの日本経済新聞では、自由民主党の当選予想は、300議席をうかがうまでの優勢です。これほど優勢な予想でも、本社社長は全国の代理店を、飛び回っているんです。

大丸前の交差点には、安倍晋三内閣総理大臣の訴えを聞こうと、大変な盛況になっています。

新聞予想のように、安部内閣総理大臣の人気は確かに優勢な感じです。

政策のアベノミクスを端的に縮めて、「景気回復この道しかない」のスローガンが、旗となって風になびいています。

松葉博雄の周りの有権者に、総選挙の話をすると、自由民主党が強すぎるのも、心配だと言っています。過去に、自由民主党が強い時代には、色々と弊害が出ています。

時計の振り子のように、右と左に、行ったり来たりすることを、政権交代と言います。自由民主党に代わりうる、成熟した政党があれば、アメリカの民主党と共和党のように、振り子が上手くいくのですが、新聞の300議席の予想では、振り子は、振れたままになりそうです。

2014年12月6日(土)