大阪府立大学大学院 北居明先生のゼミの同期生、薗田章恵さんから、御菓子司 一心堂の、「旬果大福」をいただきました。

薗田章恵さんとは、北居明先生のゼミで、同期の仲間です。

大阪府立大学大学院の、北居明先生のゼミで、同期生だった薗田章恵さんから、御菓子司 一心堂の、「旬果大福」をいただきました。

≫2012年11月

御菓子司 一心堂は、大阪府堺市東区にあります。御菓子司 一心堂の代表取締役 山本学さんは、兵庫県の老舗和菓子店において修行を積み、先代の志しを継ぎ2代目となるそうです。

「モットーは『美味しさで心を豊かにしてもらいたい』の一心で素材を厳選し、技術に磨きをかけ、安全・安心を心がけ邁進してまいりました。」(御菓子司 一心堂 ホームページより)

薗田章恵さんが、選んだ和菓子は、なかなか洗練された和菓子でした。松葉博雄は、甘い物は苦手なので、これは、松葉博雄の奥さんと、社内の女子社員の方に、差し上げることにします。

松葉博雄が欲しいのは、中の和菓子よりも、外の竹で編んだ籠のような菓子箱です。

御菓子司 一心堂は、いちご大福、フルーツ大福、季節のお菓子、和菓子、洋菓子など、生菓子からプリン、焼き菓子まで、幅広く作っているようです。

御菓子司 一心堂は、阪急梅田本店にも店舗があります。

この竹籠は、何か大切なものを保存するのに使えそうです。網目なので、中に、何が入っているのか分かった方が良いようなものを入れたいと思います。

9月に、北居明先生のゼミでは、大学院修士生が中心になって、夏合宿をするそうです。松葉博雄にも、ご案内が来ています。参加出来るかどうか、スケジュールを調整中です。

2014年8月9日(土)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です