大阪商業大学に来ています。大阪商業大学は、近鉄奈良線の河内小阪にあります。

大阪商業大学の設立者は、谷岡登先生です。キャンパスには、谷岡登先生の銅像が、学生達を見守っています。 大阪商業大学 周辺

大阪商業大学に来ています。大阪商業大学の設立者は、谷岡登先生です。

谷岡登先生は、昭和3年、大阪城東商業学校(大阪商業大学の前身)を創立、同年4月、同校初代校長に就任しています。

谷岡登先生の銅像は、桜の木の木陰で涼しそうですが、反面、木の葉に隠れて見逃してしまいそうです。

松葉博雄は、今日の講演まで少し時間があるので、キャンパスを歩いてみます。正門から入って、正面に向かって左手には、「②ユニバーシティホール蒼天」が見えてきました。

このキャンパスマップは、大阪商業大学ホームページより引用しています。

蒼天の場所は、正門のすぐ横なので、正門から入るとすぐに分かりました。

少し日差しが強く、学生の方は、直射日光を避けて、木陰に集まっています。

登録有形文化財の建物が見えました。「③谷岡記念館」で、大商大の歴史を語る、学園のシンボルです。

昭和初期の建造物である旧校舎を移転・復元した、本学のシンボルとも言える谷岡記念館は、

2000年には、国の登録有形文化財にも指定され、大講堂や学園資料室のほか、府内4番目の博物館相当施設である、商業史博物館なども併設しています。(大阪商業大学 ホームページより)

さすが、大学のキャンパスは若者で溢れています。松葉博雄の若い頃は、経済・経営の学部には、女学生は殆どいませんでした。女学生が集まる学部は、文学部か、家政学部や、教育学部などでした。

市街地に面しているキャンパスなので、敷地は郊外にあるキャンパスに比べると、狭く感じますが、コンパクトに上手くまとまっています。

午後の講義が始まると、キャンパスに集まっていた学生達は、講義のある建物の中に消えていきました。

目の前の、円柱状の建物は、「①U-メディアセンターGATEWAY(図書館)」です。

食堂を覗いてみます。国立・公立の食堂に比べると、デザインにも配慮され、カフェテリアのようです。

どんなメニューがあって、いくらで食べられるのか、メニュー表を見てみます。

ピザは470円~、オムライス・ドリア・グラタンは370円~、ランチは350円~など色々種類がありました。学生さんの好みそうなカレーランチは420円、なんと麺類は170円~、ステーキランチでさえ620円で、全て税込み価格です。

街で食べる食事代に比べると、学生食堂の食事代は、こんなに安いのかと、驚いてしまいます。

キャンパスの端の方には、「⑫グラウンド」があります。ここで、サッカー、ラグビー、陸上競技など、行われているようです。

凡事徹底

積極果敢が、大阪商大の体育系のモットーのようです。

大学がどんどん発展していくと、敷地が足りなくなって、このグラウンドも、学校経営から見ると、学舎を建てたくなるような、最後に残された土地に、見えることと思います。

グラウンドの脇には、「⑩本館」の建物が聳えています。

大学経営にとって大切なのは、学生を集めることです。学生にとっては、この大学に入ると、就職先に魅力有る企業があるかどうか、また、そこに就職できるかどうかが重要になってきます。

つまり、入り口の学生募集が活発になるには、出口の就職活動が、良い成果になることです。就職支援センターがあり、学生に向けて、活発な呼びかけをしていました。

一回りしてみると、それほど時間はかかりません。第二グラウンドと第一グラウンドがあり、グラウンドも用途別になっていました。

大阪商業大学のキャンパスの周辺は、住宅や商業ビルに、周りをびっしりと囲われています。

少し木陰で腰を下ろして、自販機で冷たい飲料水を買って、風に当たりながらキャンパスを見ていると、講義が始まると、ほとんど学生の姿は見あたらなくなりました。

これから、ユニバーシティホール蒼天に行きます。少し時間にゆとりを持って、ユニバーシティホール蒼天に行き、会場の雰囲気を見てみます。

2014年6月26日(木)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です