大阪市立大学大学院 創造都市研究科 事業創造領域 博士課程の合同ゼミは、今日から始まりました。

大阪市立大学大学院 創造都市研究科 事業創造領域 博士課程には、2名の新入生が入学しました。

大阪市立大学大学院創造都市研究科 事業創造領域 博士課程の7月末までの前期の発表の予定日が決まりました。

大阪市立大学大学院 創造都市研究科 事業創造領域の博士ゼミの合同ゼミの新学期の始まりです。4月に入り、新学期になると、また新しい博士課程後期の新入生が入ってきます。

どんな方が新入生として入学するのでしょうか?

もちろん、社会人コースなので、20代の現役学生の方はいません。

梅田キャンパスに入ると、入り口に篭盛の花束が置かれていました。どうしたのでしょうか?

新学期なので、お祝いに設置されているのでしょうか?

図書室で新刊書を見ています。目にとまったのは「アントレ」の見出し、「40代・脱サラ300人『その後は?』白書」です。

独立とか、新規開業とか、脱サラという言葉は、気持ちを高揚させる言葉ですが、脱サラしても、その後がうまくいくかどうかは、ケースバイケースです。

掲示板には、博士課程論文提出に関する説明会についての通知がありました。

早くも、博士論文提出に向けて、どのように準備するのか、説明会が予定されています。

掲示板には別の案内がありました。企業と経営理念に関する講座の案内です。

先ほど図書室で見た、脱サラすると、起業すると、何のために事業を始めるのか、を表す経営理念がしっかりしていないと、足下が固まりません。

コンピューターの部屋を覗いて、誰か知っている人がいないか見てみても、顔見知りの人はいませんでした。

教室に入ると、まだ誰も来ていなくて、松葉博雄は一番でした。

教室のすぐ向かいは、JR大阪駅です。7時頃の大阪駅は、帰宅の人達であふれています。

2013年の、博士課程後期に入学した方は2名でした。今日は新入生2名の初めての発表です。

博士課程が始まったばかりなので、今日の報告は、修士論文が元になった、これからの研究の方向性を報告する事になります。

博士課程後期になれば、ゼミの人数も少なくなり、発表報告の機会が増えてきます。やっと報告が終わったかというと、すぐに次の報告が迫ってきて、まるで金策に追われているような時代がありました。

修士論文を指導した先生方は、何度も、今日の二人の報告を聞いてきたので、今夜は、教職の先生方は、聞き役に回ります。松葉博雄や、その他の博士ゼミに参加している人達が質問して下さいと、明石芳彦先生から発言がありました。

一コマ目は、高齢者が起業をする周りの問題を研究テーマにした発表です。

二コマ目の発表は、キャリア初期、新入社員教育に関する研究テーマです。一つ終わると、質問や投稿論文に向けての改善を提言していきます。

研究員や学生側から、厳しい質問や指摘が飛び出したので、発表者は驚いたと思います。最後に明石芳彦先生から、修士論文公聴会より厳しい意見でしたねとコメントがあり、みなさん大笑いになりました。

これから博士ゼミをどのように進めていくか、発表報告者の予定日を決めて、今日のゼミは終わりです。

2013年4月8日(月)