蘇鉄問答:徳川家斉将軍と島津斉興候との、蘇鉄問答

江戸時代には、大名屋敷に、蘇鉄を庭に植えることが、流行りました。岡山倉敷歴史の街散策(4)

アヤメ、菖蒲、カキツバタ、この区別は、以前に学習しました

それぞれの違いは、棲むところの違いです。普通の土に咲くのが「アヤメ」、やや水気のある湿地に咲くのが「ハナショウブ」、水のある沼地に咲くのが「カキツバタ」ということになります。

**

後楽園の花菖蒲畑です。昔、田畑だった庭園の一部を再現した場所です。見頃は6月上旬とのことで、まだ一部分しか咲いていません。

**

**

蘇鉄の群生もありました。蘇鉄があると、沖縄のような、南国のようなイメージを連想させます。この蘇鉄も、大名たちの間で、庭に蘇鉄を植えるのが流行ったことが、後楽園に蘇鉄が植えられた原因になります。

となると、この蘇鉄の株は、どこから来たのでしょうか?

**

江戸時代の小話に、徳川幕府将軍家斉の隠密目付が、薩摩藩に潜り、薩摩藩の藩邸の蘇鉄の木について、薩摩藩主 島津斉興に、ちらっと、「幕府は、薩摩藩の蘇鉄の育ち方まで知っているもんね。根っこの傍に、葵の紋のついた笄(こうがい)を埋めているもんね。」と言った「蘇鉄問答」があります。

薩摩藩は驚き、領地にかえって薩摩藩の警戒を強くした逸話があります。このような話を思い返すと、岡山藩主が、後楽園に蘇鉄を植えるのも、背景が分かります。

**

藤棚の藤の花は、今日の一雨で、いよいよ散ってしまいそうです。

**

花交の池です。築庭当時は山桜などの入り交じった景色でした。池辺には花交という名の建物があり、池や滝にはその名が残っているようです。今は、新緑の色の映る景色です。

**

梅林に来ました。
梅林は幕末近くなってできました。今では紅白あわせて約百本の木が他の花に先がけて春を告げ、詩歌の題材として好まれています。

梅林があったので、梅の実がついているか確かめて見ると、梅の実が鈴なりです。松葉博雄の御庭には、梅の花は咲いても梅の実が成りません。

**

どうも季節変動かなと思っていましたが、後楽園の梅の木を見ていると、梅の木には、枝にカイガラムシが着いていません。

やはり、カイガラムシが梅の木の栄養を吸い取って、そのため梅の実が成らないのだろうかと、松葉博雄の仮説が、本当のように思えてきました。

**

帰って調べてみると、本当でした。カイガラムシが、木の栄養を吸って、枝や葉の出方が悪くなったりするそうです。さらに植物にとって大切な、光合成も妨げられてしまうようです。

**

新緑の向こうに黒壁の岡山城が映えます。離れた場所から見た、流店です。今も、誰かが休憩して足を休めています。

**

**

池の真ん中に浮かぶのは、中の島です。 池を巡って歩いていると、時々、池の淵に錦鯉がやってきています。松葉博雄は、全日本愛鱗会で、錦鯉の研究をしたことがあります。

**

幼い子ども達を連れて、錦鯉の品評会に、出かけたこともあります。錦鯉を育てるには、かなりの条件が必要です。

当然、池と水です。鯉にとって、住みやすい池と、環境によい水が必要です。そうなると、自然環境のよい地方の田園地帯や、湧き水の綺麗な所、土地の広いところ、自然の餌が集めやすいところなどが、条件になってきます。

**

この、後楽園は、錦鯉にとってみたら、住みやすい環境なのか、鯉に聴いてみたいものです。

**

後楽園名物の「元祖・あんいりきびだんご」の屋台がありました。松葉博雄は、あんこが食べられないので、遠くから見るだけです。

**

後楽園の庭園からは、岡山城が色々な方向から見られます。周りに高層ビルがないのが、お城を美しく見せるには、よいと思います。時々振り返っては、岡山城を確認し、写真に残しています。

**

苔庭です。苔のお手入れは大変です。苔と言っても、日本だけでも約2000種類が存在していて、それぞれに生育環境も異なります。

苔を日本庭園で美しく維持するには、落ちてきた枝や葉っぱも拾わなければなりません。

**

鶴舎です。昭和31年、岡山の旧制第六高等学校に学んだことのある中国科学院の郭沫若(かくまつじゃく)氏から、戦後途絶えたままであったタンチョウ2羽が贈られました。

**

郭沫若さんの失敗は、つがいと思って送った二羽のタンチョウ鶴が、雄雌でなかったことです。そこで、他の所からカップリングをして、今の子孫を作っているそうです。

このタンチョウ鶴は、毎年お正月に後楽園の御庭に放されます。どのような調教をしているのか、放鳥されたタンチョウ鶴は、お城の高さまで飛遊し、ちゃんと戻ってくるそうです。2011年の新年には、恒例のタンチョウ鶴の放鳥は、鳥インフルエンザの影響を考えて、取りやめになったそうです。

**

郭沫若(かくまつじゃく) 氏の詩碑。1955年(昭和30年)。

後楽園仍在(後楽の園はなほあれど)

烏城不可尋願(烏城尋ぬ可からず)

将丹頂鶴作(願わくば丹頂の鶴をもって)

対立梅林(作対して梅林に立たしめん)

 

 

2011年5月11日(水)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です