公立はこだて未来大学でONE TO ONEマーケティングについて講演しました。

公立はこだて未来大学で中小企業家同友会主催の講演会です。One to Oneマーケティングについて講演しました。

 

講演会の前に、はこだて未来大学のキャンパスを、鈴木克也教授が案内してくれました。これまでに見たことのないような、立体空間を利用したキャンパスです。

未来大学の学生の皆さんは、大きな空間の、十分な採光のある明るい部屋で、自習をするスペースがあります。

キャンパスを一巡した後、学長室で、公立はこだて未来大学の学長と、しばし懇談をしました。

今日の講演会は、学生に講演するだけでなく、函館市の中小企業の経営者の方々が御税来られています。そのため、仕事が終わる、夜からの講演会です。

講演会のテーマは、「新設だけがベンチャーではない-地域から全国、世界へ~中小企業家同友会主催 パネルディスカッション~ 」でした。

One to Oneマーケティングについての講演は、兵庫県立大学でも、何度か行ったテーマです。

しかし、一般学生と社会人の方では、話す内容を、より実践的に変えて話します。

講演会の主催は、北海道中小企業家同友会函館支部4月例会でした。

2003年4月24日

One to Oneマーケティングについての講演の要旨

~要旨~

コンタクトレンズの特殊性とOne to Oneマーケティングについて

顧客志向のあり方、マーケティングのあり方など

講演会が終ると、聴講の方から、多くの質疑がありました。皆さん、マスマーケティングに対するOne to Oneマーケティングの考え方について、大きな賛同がありました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です