査読論文の掲載:大阪市立大学大学院 創造都市研究科

査読論文の掲載です「企業文化と経営戦略の適合に関する実証研究」が、『創造都市研究』(大阪市立大学創造都市研究科)に査読論文として掲載されました。

査読論文の掲載をしていただきました。

松葉博雄が、大阪市立大学大学院・創造都市研究科の博士(後期)課程に在籍していた2010年はじめに書き上げた論文「企業文化と経営戦略の適合に関する実証研究」が、大阪市立大学創造都市研究科の発行する『創造都市研究(2010年6月号)』に、査読論文として掲載されました。

**

大阪市立大学大学院・創造都市研究科の博士(後期)課程で、研究してきた既存研究や、自ら行ったアンケート調査・分析の結果を、論文の形にまとめ、投稿論文として『創造都市研究』編集委員会に提出したのは、2009年9月のことでした。

**

そして、2名のレフェリーの先生から厳しい査読の結果をいただいたのが、2009年12月10日頃でした。修正は12月25日までに送り返さなければなりませんでした。

レフェリーの先生から大変厳しい指摘を受け、しかも短期間で修正ができるのか、ギリギリの日程でしたが、この論文が査読論文として査読を通らなければ、博士号を取得するスケジュールが1年延びてしまいます。なんとか、提出期限に間に合わせました。

**

年が明け、2010年1月15日に、再びレフェリーの先生から査読結果をいただきました。2回目の査読結果は、「若干の修正で掲載可」という結果をいただきました。ややホッとして、1月20日頃、最終的な投稿論文を提出しました。

**

そして、実際に製本され、『創造都市研究』の査読論文として、公になるのは、2010年6月号でした。1つの論文が、査読論文として掲載されるまでには、1年近くの時間が掛かります。

2011年4月4日(月)

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です