尾道市ベラビスタ スパ&マリーナ 尾道で見るサービスの5つの評価基準

リゾートホテルではサービスの提供の方法が、どのようになっているか気になって来ます。広島県尾道の旅(4)

常石ホールディングが、自社の持っている経営資源を見直して、新たな事業の仕組みを、ベラビスタ境ガ浜ホテルで作っていることが分かりました。そうなると、リゾートホテルではサービスの提供の方法が、どのようになっているか気になって来ます。

**

ホテルのサービスは、多くの事例企業があります。人的サービスが高度に洗練されてくると、経営資源を持っているというだけでは済まなくなります。現場従業員は、サービスをどのように提供しているか、夕食の機会にサービスを受けてみます。夕食は、ホテルの離れにある「双忘」でいただきます。

**

今日は、3月3日、ひな祭りの日です。双忘では、箸置きでおひな様を作っています。サービス品質の評価基準である、有形性がおひな様で確認できました。

**

松葉博雄と奥さん、息子夫妻とリッキー君の5名で食事を頂きます。カウンターの前のサービス係は女性が中心で、調理場の板前さんの様子は、隠れて見えません。

****

松葉博雄は、運転がないので、似非ビールではなく、本物のビールを頂くことができます。まずは、ビールをお願いしました。

**

頂くお料理は、和食のコースです。先付にホワイトアスパラガスと塩トマトです。

**

お造りは、瀬戸内海でとれた新鮮な魚です。どのお刺身もとても美味しかったです。和食は、お客様が食べているペースに合わせて運ばれて来ます。

**

サービスの評価基準として、迅速性があります。どんどん運ばれても困ります。なかなか来ないのも困ります。タイムリーに、食が進む具合を板場に伝えて、冷たい物はよく冷やして、熱い物は温度が冷めないように、適温で持ってくるのもサービスです。

**

八寸に、菜の花のおひたし、近江蒟蒻、ハギ八幡巻き青のり玄米煎餅、蓮根の土佐煮、穴子昆布巻き、たらの芽味噌揚げなどを頂きます。

**

最初、生ビールからスタートですが、ビールは、炭酸なのでお腹が張ってきて、脳の方から、あんまり食べないようにという指令があると、せっかくの料理が食べられなくなるので、焼酎に切り替えます。

**

サービス係の女性は、お名前を尋ねると原さんです。笑顔がとてもステキです。原さんに、何の銘柄にしようか相談してみました。原さんは、5種類の焼酎を並べて、それぞれの特徴を説明してくれて、松葉博雄の銘柄判断に大変役に立ちました。

**

最初に選んだ銘柄は、「中々」でした。

**

茶碗蒸し、天麩羅などの、熱い温度の料理が出たあとは、

**

箸休めにチー烏賊ぬた和の冷たいお料理が、熱くなった舌を冷ましてくれます。なかなか美味しい料理です。

**

メインディッシュ-主皿は、瀬戸内メバル煮付けです。メインディッシュと名乗るほどの、主役性には、ちょっと頭をかしげてしまいます。

メバルの煮付けは、スープをすすっても、飲めるほど薄口もあれば、醤油と砂糖をしっかり使って、味を強くする濃い口もあります。

**

昔々子どもの頃、メバルの煮付けを食べた後、残りは、ご飯にかけて、飼い犬の晩ご飯にするのが普通でした。この場合は、メバルの味付けは薄口でした。今夜のメインディッシュは、かなり濃い口でした。

**

和食をお酒なしで食べ進んで行くには、辛いものがあります。

和食は、なんとなくお酒を飲みながら頂くように、暗黙の了解になっています。松葉博雄のように、飲みながら頂く和食は、ゆっくりと皿が進んでいき、そろそろ締めの頃にご飯が出てくる進み方で、和食のもつサービスの品質の評価基準の共感性に、賛同します。

**

ご飯は、今の時期の旬の魚イカナゴご飯です。神戸の方では、イカナゴは釘煮にするのが主流です。

**

サービス係の原さんは、休みの時には他のお店を廻り、味を利いたり、サービスを体験したりして、飲食店のサービスの研究を自ら実践しているようです。

ベラビスタ境ガ浜ホテルの双忘で、他のホテルとの差別化で、最も優位性を得るには、何かを考えながら食べていると、なんとなく見えてきたのが、サービスの仕組みの中で最も難しいのは、人的サービスの充実とサービスの研修であることに気がつきました。

2011年3月3日(木)