忍び寄る警察国家の影

「財界展望」(2005年1月号)によれば、元自治大臣・国家公安委員長、元衆議院議員で、弁護士の白川勝彦氏の書いた『<政界談義>白川勝彦の「日本を斬る」』のタイトルで記事が書かれていました。

本を手に取り、読んだ時は、あまり詳しいことが分からず、自分に起きる可能性のあることとは思えなくて他人事としか思っていませんでしたが、2004年12月9日の朝日テレビの「報道ステーション」を偶然見ていた時、財界展望で読んだ内容のことが映像で詳しく報道されました。

詳細については、白川勝彦氏のHPにある「忍び寄る警察国家の影を参照して頂ければよりよく把握できると思います。

私がこの件について注意をひくのは、元国家公安委員長であった白川氏が役職を離れ、一民間人として街を歩いていた時に、4人もの警察官により職務質問を受けたことです。(※白川勝彦氏のWebサイト →日々是考日

国家公安委員会の職は、全国の警察を管理する立場にあります。

今は民間人ですが、かつて警察を管理する役職に就いたことのある白川氏に職務質問をかけたことは、誰にでもこのような機会がありえるということです。

職務質問は治安を守るためには必要なこととはいえ、行きすぎると職務質問を受ける人にとってみれば、後に心に深く記憶が残る出来事となります。

市民として協力することは義務ですが、行き過ぎに対して注意を喚起しておかなければ、いつの日か自分がある日突然警察官に呼びとめられ、少し反抗的な態度を取ると、さらに自分を不利にすることになりかねません。

治安維持の名の元に警察が行き過ぎないように報道ステーションは注意を呼びかけているように思いました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です