Monthly Archives: 10月 2013

ドイツ料理といえば、フライドポテトだそうです。

ドイツから帰国して、これほど和食が美味しかったのか、噛みしめながら、お寿司をいただいています。万平 U君がドイツから帰っ(>続きを読む)

『豆を煮るにまめがらを炊く』丹波篠山川北産の黒枝豆を食べなが

豆の文化、日本は豆の文化だそうです。そういえば、醤油、味噌、豆腐、小豆から出来るあんこなど、まめ マメ 豆だらけです。 (>続きを読む)

『魚は殿様に焼かせよ餅は乞食に焼かせよ』のことわざの通り、鮎

冬瓜は、沖縄料理によく出てくる食材です。長期の保存にも絶えられます。 10月の下旬となると、コンタクトレンズの販売は、例(>続きを読む)

U君家族が帰国しました。ドイツでの2年半の留学が、事故もなく

すき焼きの黒毛和牛のお肉を食べて、ドイツの肉との違いに、改めて日本食が美味しいと感じ入っています。 ドイツのボン大学での(>続きを読む)

阪急百貨店のLAURA ASHLEYへお買い物のお供です。

阪急百貨店の12階では、女性中心の立ち飲み会をしていました。 大阪市立大学大学院の博士ゼミに参加する時に、阪急百貨店の前(>続きを読む)

三宮センター街の周辺には、沢山の飲食店があります。行っていな

好味園の中華料理は、量を重視する人には、うってつけの店です。 食事はお一人でお願いします。と、メモ書きがありました。一人(>続きを読む)

社長メッセージ・言葉(給与袋に添えて):「多岐 亡羊」(20

社長メッセージ・言葉(給与袋に添えて):「多岐 亡羊」(2013年10月) 多岐亡羊 昔、羊を追っかけて探していた人が、(>続きを読む)

神戸を代表する美味しいラーメンは、どこのラーメンでしょうか?

言いたいことを言って正直に生きることと、ぐっと腹に収めて我慢強く生きることと、どちらが幸せになれるのでしょうか? らーめ(>続きを読む)

これはフィクションです。と、テレビドラマの終わりに字幕が出ま

家で作る寄せ鍋は、出汁は昆布と花鰹です。今夜の寄せ鍋の主役は、魚増鮮魚店で買った、あなごの炭焼きと、カワハギでした。淡路(>続きを読む)

ジョンソン・エンド・ジョンソン社のデイビッド・R・スミス (

ジョンソン・エンド・ジョンソン社の製品を巡って、販売店同士がパイの奪い合いをするような、バリューチェーンの概念の戦略転換(>続きを読む)