沖縄そばに、玉家jr.(たまやジュニア)名護店あり。きしもと食堂 山原(やんばる)そば なかむらそば 宮里そば 屋宜家(やぎや)謝名亭のそばより人気

玉家ジュニアの沖縄そばは、ソーキ蕎麦と三枚肉蕎麦があります。両方食べたいときはミックス蕎麦になります。第157回沖縄(10) 

名護の、沖縄そばのそば処、玉家Jr名護店に来ています。

沖縄には、有名な沖縄そばのお店が、観光ガイドブックや、

インターネットの食べログなどで紹介されています。

これまで沖縄本島で食べた、松葉博雄のおすすめのお店を選んでみました。

山原(やんばる)そば

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このあたりで、沖縄蕎麦と言えば、『きしもと食堂』か、『山原そば』です。

きしもとは、あまりにも有名で、いつもリピーターの観光客が並んでいます。

そこで、これから行くのは、本部町伊豆味70-1にある、

山原そばメニューは、ソーキそばの大800円、小600円、三枚肉そばは大700円、小550円です。

この山原そばにも何度か来ています。

やんばるそばのソーキは、並盛りで5個も骨付きソーキが入っています。(≫ブログを読む)

山原(やんばる)そば

沖縄県国頭郡本部町本部町伊豆味70-1
0980-47-4552

きしもと食堂

 

 

 

名護の沖縄そばと言えば、きしもと食堂です。

本土のそばとは太さが違います。沖縄そばには、豚肉の3枚肉が入ってます。

沖縄そばは、蕎麦粉を使いません。沖縄そばは、100%小麦粉です。

今日は観光客の方がいっぱいで、順番が来そうにありません。

替わりに、「きしもと食堂 八重岳店」に向かいます。(≫ブログを読む)

きしもと食堂

沖縄県国頭郡本部町渡久地5
0980-47-2887

なかむらそば

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

辺野古地区から恩納村に帰る国道58号線を走っている時、なかむらそばがありました。

松葉博雄が選んだのは、ソーキソバで、ジューシーご飯のセットです。

セットでご飯が付いて600円です。(>ブログを読む)

なかむらそば

沖縄県国頭郡恩納村字瀬良垣1669-1
098-966-8005

屋宜家(やぎや)

 

 

 

 

 

 

 

 

沖縄そばの屋宜家は、国指定の登録有形文化財の古民家です。

沖縄そばにはソーキそばと、炊き込みご飯がセットになっていました。

冬でも暖かい沖縄なので、食事の後には、氷ぜんざいも用意されています。(≫ブログを読む)

屋宜家(やぎや)

沖縄県島尻郡八重瀬町大頓1172
098-998-2774

大家(うふや-)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大家(うふやー)で、ソーキそばを注文しました。

今日の席は、庭に面した席で、庭の滝を見ながら、沖縄そばを頂きます。

松葉博雄は黒豚の定食をお願いしました。

うふやーの外の景色を見ながら、食べました。(≫ブログを読む)

大家(うふやー)

沖縄県名護市中山90
0980-53-0280

琉球武家屋敷 謝名亭(りゅうきゅうぶけやしき じゃなてい)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

琉球式武家屋敷 謝名亭の名前の由来は、

徳川幕府と薩摩藩が、琉球を支配していた、

謝名親方(じゃなうぇーかた)の名前が、由来になっています。

これが、武家屋敷かと、その屋敷の広さに驚きました。

この辺りは、以前にNHKの大河ドラマ「琉球の風」で、

撮影に使われた場所です。(≫ブログを読む)

琉球武家屋敷 謝名亭(りゅうきゅうぶけやしき じゃなてい)

沖縄県中頭郡読谷村高志保1020-1
098-958-1111

宮里そば

 

 

 

 

 

 

 

 

 

沖縄 名護の「宮里そば」です。

ここの味は、カツオ出汁の味で、スープがとっても美味しいです。

地元の人がたくさん来ているので、お店を選ぶ基準にもなります。

観光ガイドブックを持った人ばかりだと、ちょっと不安です。(≫ブログを読む)

宮里そば (みやざとそば)

沖縄県名護市宮里1-27-2
0980-54-1444

玉家Jr.名護店

最近の一番のお気に入りは、玉家Jr.名護店です。

お気に入りの理由は、なんと言っても、そば汁の味です。

全部飲み干したくなるような美味しさです。

沖縄そばのお店の中には、安直な味付けの見せも沢山あります。

玉家Jr.のそばの出汁は、昆布、かつお、などを使った深みのある出汁です。

辛さもおさえています。心配なのは、塩分を沢山使った出し汁ですが、

玉家ジュニアは鰹だしなので、塩分を抑えています。

麺は細麺を選びます。

沖縄そばのおおかたは太麺ですが、玉家ジュニアは細麺と平面です。

調理場を、テーブルから見通せるようになっています。

皆さん、注文に合わせて、無駄がない動きをしています。

玉家Jrの特長は、沖縄から内地に向かって、宅配を受け付けてくれる事です。

ペットボトルに、沖縄そばの出し汁を入れて冷凍します。

冷凍された出し汁のペットボトルを、そばや具材と一緒に、クール宅急便で送られてきます。

お店で食べる沖縄そばは、豚肉の調理方法で、ソーキ蕎麦か、三枚肉になります。

ソーキ蕎麦は、骨付きの豚肉です。

両方味わいたい場合は、ミックスをお願いすると、

ソーキと三枚肉の両方を味わう事ができます。

お店の方の愛想がとても良いのです。

神戸に、沖縄そばを贈る方法について、細かい注文を出しても、快く引き受けてくれます。

例えば、ペットボトルの大瓶の場合、解凍するのに、長い時間がかかります。

そこで、小さい瓶に小分けして、冷凍してくれるようにお願いすると

、解凍するのに早く解凍できます。

今日も、玉家Jr.で細麺のミックスそばを注文して、スープが美味しいので、

スープを飲み干してしまいました。

そこで、

「スープがないんです、あまりにも美味しいので、全部飲んでしまいました」

とお店のお姉さんに甘えると、お姉さんは

「それでは、スープだけ追加しましょうね」

と、厨房に入ってスープを足してくれました。もちろん、無料サービスです。

この透明度の高い沖縄そばのスープなら、ラーメンにでも転用可能だと思います。

茹でたもやし、チャーシュー、シナチク、鳴門巻、ネギを入れれば、ラーメンに早変わりです。

神戸や大阪の皆さんに、沖縄から玉家Jr.の沖縄そばを宅配便で送るようにお願いしました。

何枚もの発送伝票に、日にちとそばの種類を指定しました。

お店のお姉さんは一つ一つを確認して、値段を計算し、

宅配料を付け加えると、勘定が出来上がりです。

自宅にも、ミックス沖縄そばをお願いしたので、

神戸に帰るとまた美味しい玉家Jr・縄そばが頂けます。

2016年2月2日(火)


←前へ:第157回沖縄(9)

→次へ:第157回沖縄(11)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください