わさびが好き 家でわさび わさびができるなら わさびを栽培します

投稿No:8570

わさびが好き 家でわさびができるなら 畑わさびの苗を買いました

わさびが好き 家でわさびができるなら

コメリへ行くと、畑わさびの苗を販売していました。

わさびは、冷たい水辺で育てるものと、思い込んでいました。

それが、畑でもわさびを栽培できるそうです。

ほんとかな?と思って、畑わさびの説明を読んでみると、

誰でも、畑でわさびを育てられると書いています。

誰でもなら、私でもと思い、買う気が湧いてきました。

意欲が湧いてきて、畑わさびの苗を10個買うことにしました。

苗は、一鉢が330円でした。

10鉢で、3,300円です。

上手くわさびが育てば、初期投資としては仕方がない投資額です。

わさびは多年草なので、一度植えておけば毎年収穫できるのです。

わさびが好き 家でわさび わさびができるなら

調べてみると、わさびは日本原産で、

古くから渓流などの流水中に自生していました。

本わさびは栽培方法によって、沢わさび(水わさび)と

畑わさび(陸わさび)に呼び分けられます。

沢わさびは、渓流・湧水を利用して人工的に築田した「わさび田」で栽培され、

また、畑わさびは冷涼で湿気の多い畑地で栽培されます。

立派なわさびになるには2年~3年を要します。

わさびが好き 沢わさび、畑わさび、栽培方法の違い

流水で栽培するわさびと、畑で栽培するわさびは、

品種が違うと思っていたら、調べると品種は同じでした。

違いは、育て方の違いでした。

地下から湧き出る湧き水を利用した栽培方法で、主に根を食します。

 刺身に添えるような擦り下ろしたわさびは、この方法で栽培されています。

畑わさびは、水が流れていない、畑で栽培するわさびです。

沢わさびとは違い、根っこではなく、葉っぱや茎を食します。

漬物にすると、程よい辛味がご飯によく合い美味です。

根を食すのに、成長するには相当な年月を要します。

わさびが好き わさびの歴史

本わさびが書物に登場したのは、

「本草和名」(918年)という薬草辞典に

「山葵」と記されたのが初めてだとされています。

この時代にはあまり利用されず、

鎌倉時代に禅宗寺院で自生しているわさびを食べた、

というのが始まりのようです。

料理書「四条流庖丁書」(1489年)には

、鯉の刺身をわさび酢につけることが記され、

このころから刺身にわさびが使われ始めたと言われています。

江戸時代の始め頃、そばの薬味に使用され始めたとされていますが、

当時わさびは、徳川幕府への献上品として珍重されていたため、

庶民には、なじみの少ない物だったようです。

そして、寿司にわさびが使用され始めたのは意外に新しく、

文政時代(1818~1830年)とされています。

この時代には「すし」や「そば」の一般化により、

広く利用されるようになってきましたが、

ほとんど自生わさびが使われていました。

出典 ウイキペディア

家でわさび わさびの育て方

わさびは1年間にいくつかの段階を経て成長します。

3月頃から新芽が出で、ぐんぐん成長します。

また同時に、3月下旬から4月上旬にかけて花が咲きます。

7月頃から気温の上昇とともに成長が止まり、葉が枯れてきます。

この時期は土の中で秋からの成長の準備をしているのです。

そして9月下旬頃から再び成長が始まり、12月頃まで伸び続けます。

わさびは、2年半くらい経つと、小芋が成長し、

親イモが腐敗しやすくなるので、一般的には2年以内に収穫します。

家でわさび わさびの生活環境

調べてみると、家でわさびを育てるには、かなりの知識が必要です。

コメリが言うように、誰でもわさびを簡単に育てられるとは言えません。

わさびの性格は、デリケートなのです。

畑わさびでも、涼しい場所、高温や直射日光にも弱いため、

木陰を利用したりして日陰を作る必要があります。

どこでもわさびが育てられるというわけではありません。

温度管理が必要になります。

真夏は、温度が30度を超える猛暑日があります。

わさびの適温は18度なので、猛暑日対策が必要です。

わさびの苗を買った後に、わさびの育て方を調べたので、

これは大変と、考え込んでしまします。

誰でも簡単に育てられるなんて、コメリは罪なことを言うから、

私は、どうすればわさびを畑で収穫できるのか?と考えることになりました。

わさび 関連記事 アーカイブ

2020年3月15日(日)