ほんとに頼れる人ってどんな人ですか? それは、千年に一回の自然災害でも、立ち上がれる人です

ほんとに頼れる人ってどんな人ですか? それは、千年に一回の自然災害でも、立ち上がれる人です。大石内蔵助は、平時では役にも立たない、昼行灯と言われていました。2012年第3回淡路研修(5)

ほんとに頼れる人ってどんな人ですか? それは、千年に一回の自然災害でも、立ち上がれる人です。大石内蔵助は、普段は昼行灯と言われていました。それが主君の仇、吉良上野介を討つときには、後世に残るリーダーになりました。

昨夜は、天然温泉花の湯から戻って、その後、パソコンと室内テレビをケーブルで繋ぎ、社長研究室の中から震災復興物語を選び、1995年の阪神淡路大震災の時に、復興に向けてどのような協力があり、どのように顧客サービスをしたのか、実際の経験からの研修になりました。

普段、あの人は頼れるなぁと思っていても、実際に、千年に一度あるかないかの大地震に見舞われてみると、意外にもしっかり行動できる人が少ない事を経験しました。

阪神淡路大震災の時には、家族の食事の奪い合いさえありました。報道によれば、今回の東日本大震災による原発事故の際も、上に立つ責任者や政治家が先に逃げた例もありました。

そんなこんな話しで夜遅くなり、今朝は少し眠いかもしれません。朝食はいつもの渡舟食堂に行きます。

渡舟食堂では仕込みが始まり、出来た料理がお皿に盛りつけられて、それを食べられるのは9時を過ぎてしまいます。今朝も渡舟食堂のお母さんの味を沢山戴きました。

朝ご飯の後、近くをぶらぶら歩いていると、なんと、亀が日向ぼっこをしていて、足音に気が付いて、慌てて水の中に飛び込んでいる光景に出会いました。のんびりしていた亀には悪いことをしました。

この後、全員で後片付けと掃除です。使った物を元に片付けて、天日干しをした布団をしまい込み、使ったお皿を洗い、ゴミを集め分別して持ち帰ります。これで研修は終了です。

少し淡路島をドライブします。フローラルアイランドに行って、研修参加の皆さんが、お土産が買える場所に案内しました。

お昼ご飯は、国道28号線に面した、手打ちうどんの『日愛うどん』です。この店はチェーン店のようで、以前に南淡路市でも利用したことがあります

ショーケースから選んで、副食を食べることが出来ます。淡路の蛸と刺身を選びました。

昨夜の続きです。頼りがいのある人って、どんな人?それが、平時には分かりにくいのです。何か、異変が起きたときに実力を発揮する人がいるんです。例えば、忠臣蔵でお馴染みの播州赤穂の領主であった浅野内匠頭の家臣、大石内蔵助の事例です。

もし、さんプラザコンタクトレンズに天災が起きたら、次は誰が立ち上がるのでしょうか?その人が頼れる人です。

このお店からみる景色は、向こうの方に紀州和歌山に続く山脈がみえます。その右側には紀淡海峡があり、友が島が小さく見えます。

うどんの本場は四国のさぬきで、淡路島は四国に近い為、四国の文化が伝わってきています。日愛での一番のお勧めは、大きな油揚げが入った、きつねうどんです。

松葉博雄は名物のきつねうどんを注文しました。とっても大きな、甘く煮染めた油揚げが全体を覆って、下のうどんが見えないほどです。

さすが淡路で、きつねうどんにも、ちゃんと玉ねぎの薄切りが入っていました。初夏を迎える少し暑いくらいの陽気で、こんな美しい景色を見ながら、きつねうどんを食べていると、なんだか競争社会と無縁のような平和な感じがしました。

2012年6月14日(木)