恩納村は アテモヤの生産拠点 全国の8割を恩納村で生産しています。沖縄のハム 沖ハム

投稿No:8479

恩納村の米須勇さんから自家栽培のアテモヤ、恩納村議会議員の糸数昭さんから沖ハムをいただきました。

アテモヤとは

恩納村(おんなそん)はアテモヤの拠点産地に認定されていて、栽培がとっても盛んです。

国内屈指のリゾートウェディングの聖地ということもありアテモヤ = 愛のフルーツとして親しまれています。

また、世界三大美果のひとつであるチェリモヤとバンレイシ(釈迦頭)を掛け合わせて出来た亜熱帯果樹です。

甘味が強く低カロリー、各種ミネラルやビタミン類がバランスよく含まれており、森のアイスクリームとも呼ばれる希少品種。

沖縄でも収穫量は少なく高値で取引される高級フルーツです。

恩納村では、60軒の農家で全国の生産高の80%を生産しているアテモヤの生産拠点です。

アテモヤはフロリダでバンレイシ、別名釈迦頭(シャカトウ)と呼ばれるものと、チェリモヤを掛け合わせて生み出された品種で、バンレイシのブラジル名アテスと、チェリモアの名前を掛け合わせて命名されたようです。

アテモヤは甘い 木になるアイスクリーム

食味がとても甘く「森のアイスクリーム」とも呼ばれています。

バンレイシは英語でシュガーアップルとも呼ばれる甘みの強い果実です。

一方チェリモヤは「世界の三大美果」と称えられてきた果実で、カスタードアップルとも呼ばれているものです。

アテモヤはこの両者の掛け合わせという事や、栽培が難しいこと、生産量が少ないことなどから高級果実として扱われています。

アテモヤも様々な国で品種改良が行われ、ジェフナー (Geffner)やブラッドリー (Bradley)、アフリカンプライド(African Pride)など、現在沢山の品種があるようです。

【出典:旬の食材百科

アテモヤはどれだけ甘いのか

通常のフルーツは糖度15%を超えると「甘い」と言われますが、アテモヤの糖度は20%以上あるそうです。

また、濃厚な味で人気ですが、ミネラル成分も豊富で特にカリウム、ナイアシンを多く含んでいます。

【出典:中村果樹園

アテモヤの食べ方

アテモヤを食べる前にまず、追熟が必要になります。

必ず常温20度(室温)で追熟させます。

寒い場所では熟さなかったり、追熟に時間がかかり、黒く傷みが出てしまうことがあるそうです。

食べごろになると、果実全体に少し柔らかさを感じた頃が食べごろになります。

柔らかくなりすぎても、味が落ちるので注意する必要があるようです。

美味しく食べるには、アテモヤを縦に切って、スプーンなどですくってたべます。

冷蔵庫で冷やすとより美味しく頂けるそうです。

沖縄ハム(オキハム)

恩納村 村会議員の糸数昭さんから、沖縄産のハムを頂きました。オキハムの商品です。

沖縄ハム(オキハム)の読谷工場では、すっぽんの養殖事業を行っています。

すっぽん料理を頂いたことがあります。

沖縄ハムが経営している、すっぽんの養殖事業を紹介します。

沖ハム すっぽんの養殖事業

琉球新報の広告を見ていると、すっぽん料理の広告がありました。

読谷の沖縄ハムでは、すっぽんの養殖を行っています。

**

養殖数は2万5千匹もいるそうです。

沖縄だと、すっぽん料理は、かなり安く設定されています。

昼食は、金城正則さんに案内して貰い、読谷の沖縄ハムが経営する、すっぽん館に行ってみます。

津波の海抜表示があります。86メートルと書いています。

レストラン すっぽん館

「レストラン すっぽん館」に来ました。

中に入ると席に案内されて、メニューを見ると、すっぽん料理のフルコースはありませんでした。

すっぽんを使った料理は、すっぽんそばと、すっぽん鍋です。

お昼のことなので、すっぽんそばを注文しました。

すっぽん鍋は3300円ですが、今日はすっぽんそばにしました。

とんなんこつ入りの、すっぽん汁定食もあります。1750円です。

すっぽん館では、客席のすぐそばで、野菜の水耕栽培をしています。

野菜工場では、4月20日前後の収穫予定の、

ちりめんちしゃ、小松菜、島菜(しまな)が、栽培されています。

すっぽんそばができるまで、すっぽん館の奥にある、さとうきびを絞って作る、精糖作業を見学させてもらいます。

期待したすっぽん池の見学は、許されていませんでした。

すっぽんが神経質なため、見学を制限しているのです。

すっぽんはとてもデリケートな亀なので、すっぽんが興奮すると共食いもするそうです。

順調な育成の為に、一般公開はしていません。

沖縄初、「すっぽん汁」がありました。

こちらは「チラガー」です。

サトウキビ製糖工場

すっぽん館の裏の、さとうきびを煮込む作業所につきました。これは見せてくれました。

さとうきびを機械で絞っています。

昔は、牛がサトウキビを絞る動力源の時代が長い間ありました。

機械で絞ると、この時点で糖分は85%ぐらいにまでなっています。

その後、加熱して煮込んで、そしてどろどろの状態にしていきます。

その後は黒砂糖の形にしていきます。

加工場はこちらです。

オキハムの会長長濱徳松さん

オキハムの会長、長濱徳松さんは昭和4年生まれの85歳で、こんなに元気という自社商品を宣伝しています。

神戸ですっぽん料理を頂いたら、フルコースなら1万円もする高級料理です。

それが沖縄では、気温が高いので、すっぽんの養殖が順調になり、生育が早いそうです。

すっぽん料理はこれまで、兵庫県丹波市山南町の「ひさご」岡山県真庭郡湯原町の「郷緑館」の二ヶ所に行っています。

読谷の沖縄ハムの工場敷地の前には、大きな豚や牛の置物があります。

牛や豚から始まって、さとうきびや、すっぽんの養殖にまで事業拡大が続いているのは、沖縄ハムの会長の、長濱徳松さんの経営手腕です。

すっぽん 関連記事 アーカイブ

 

沖縄ハムのお歳暮セット

沖ハムのお歳暮セットです。

頂いたのは、モルタデラ、スモークハム、パストラミビーフの3つセットです。

モルタデラはチーズ、レッドピメント入りのイタリアンソーセージです。

スモークハムは、豚肩ロース肉を使った香味豊かなハムです。

パストラミビーフは、ビーフにスパイスを塗したうまみと辛味のきいたハムです。

神戸では販売されていない、希少価値のある沖縄ハムです。

ありがたくいただきます。

ありがとうございました。

恩納村特産品 関連記事 アーカイブ

2019年12月19日(木)