おすすめ沖縄郷土料理  中身汁(なかみじる)は祝い膳に出てくる料理  豚肉、豚の内臓、豆腐、もやし、昆布、沖縄の人おすすめ郷土料理 沖縄の食材/スーパーでの買い物/とんそくのとろとろ煮/様々な豆腐/もやしスーパーで買える  

おすすめ沖縄郷土料理  中身汁(なかみじる)は、お正月や、長寿の祝い、お食い初めなどの祝い膳に出てくる料理です。 豚肉、豚の内臓、豆腐、もやし、昆布など。沖縄の人おすすめ郷土料理 沖縄の食材/スーパーでの買い物/とんそくのとろとろ煮/様々な豆腐/もやし

沖縄料理でよく使われる食材 スーパーで買える沖縄料理の食材

沖縄に行くと、食材はスーパーのかねひでとか、サンエーで買い物をします。

スーパーに行って、カートを押しながら、

沖縄らしいものを写真に撮ってみました。

沖縄の食材になくてはならいないのは、豚肉です。

目を引いたのは、豚の豚足のとろとろ煮です。

沖縄の家庭にお邪魔すると、豚の料理を頂くことがよくあります。

スーパーで買える 豚の臓物料理

豚肉の他に、豚の臓物を使って、中身汁を作っています。

お祝い事があると出てくるのが中身汁です。

冷蔵庫がない時代、豚肉は塩漬けにして保存され、

捨てるところがないほど、ほとんどの部位を料理に使われていました。

中身汁の場合は、おなかのあたりの贓物なので、

臭みが取れるまで丁寧に水洗いしないと、

せっかくの料理が台無しになります。

沖縄料理でよく使われる食材 沖縄料理には豆腐が必需

豆腐も、内地よりもうんと活用されています。

固めの豆腐もあれば、

油脂豆腐」と言われる豆腐は、ゆるゆるの状態です。

ゆし豆腐は、味噌汁のような汁物に、

うんとたくさん入れて頂く方法が一般的です。

豚肉と一緒に豆腐を煮込むと、

豆腐に豚肉の脂身がしみて、とても美味しくなります。

沖縄料理でよく使われる食材 もやし詰め放題

スーパーマーケットでは、

もやしのつめ放題という言い方をしているところがよくあります。

ビニール袋にどれだけもやしを詰め込んでも、値段は一緒です。

こうなると主婦の皆さんは、

もやしがつぶれるのではないかと見てて心配になるくらい、

ビニール袋に押し込んでいます。

もやしの使い方は、ゴーヤチャンプルーなどに一緒に入れて、炒めています。

沖縄料理でよく使われる食材 沖縄のチャンプル料理

沖縄では、あれやこれや混ぜ合わせることを「チャンプルー」と言います。

内地と比べると、沖縄では、昆布をたくさん消費しています。

これが、長寿のもとではないかと言われていることもあります。

昆布は、北海道産で、遠く離れた北海道の昆布が沖縄に定着したのは、

貿易船が琉球に立ち寄っていたからと言われています。

沖縄料理の記事 アーカイブ

 

おすすめ郷土料理 沖縄の郷土料理は、内地とは違った、、驚くような料理があります。

「沖縄の人おすすめ郷土料理」という記事が、

日本経済新聞の「NIKKEIプラス1」に載っていました。

沖縄の人おすすめ郷土料理
画像をクリックすると、記事を読むことができます

季節を問わず、旅行者を引きつける沖縄では、

独特の文化に触れられるのが大きな魅力で、

珍しい食材を使った郷土料理も大衆食堂で気軽に味わえます。

沖縄在住の人に、観光客におすすめの料理を聞いたところ、

一位は「中身汁(なかみじる)」でした。

おすすめ郷土料理 1位:中身汁
何度も茹でてアクを取るなどの処理をした、

豚の腸などを使う。豚とカツオ出汁のあっさりした味の吸い物。

おすすめ郷土料理 2位:沖縄そば
小麦粉の沖縄そばを使い、具は泡盛で煮付けた豚の三枚肉、

かまぼこなど。店により具が異なる。

おすすめ郷土料理 3位:ゆし豆腐
ぼろぼろとした、

固まる前の温かい豆腐。濃厚な大豆の香りと甘みが特徴。

おすすめ郷土料理 4位:ソーキそば

長時間煮込んで柔らかくした豚あばら肉(ソーキ)を乗せた沖縄そばの一種。

カツオ出汁のスープ。

おすすめ郷土料理 5位: イナムドゥチ

祝い事の料理の一品。今はイノシシではなく、

豚肉を使っている。カステラかまぼこを使った白味噌仕立て。

おすすめ郷土料理 6位:イカ墨汁

イカの墨を使った、真っ黒な汁物。カツオ出汁のスープで、

イカのほか、豚肉、にが菜などを使う。

おすすめ郷土料理 7位:島ラッキョウの塩漬け

ラッキョウの白い部分を塩漬けにし、削りガツオで頂く。

おすすめ郷土料理 8位:ナーベーラーンブシー

豚肉や缶詰のポークとヘチマ、豆腐を使った味噌煮込み。

おすすめ郷土料理 9位:ジーマーミ豆腐

落花生を使った、ゴマ豆腐に 似た精進料理の一つ。

カツオ出汁や醤油で作ったタレをかける。

おすすめ郷土料理 10位:パパイアイリチー

イリチーとは、チャンプルーと同じ料理方法です。

千切りにしたパパイアとさつま揚げ、ニンジンなどの野菜の炒め物。


沖縄料理の特徴は、しっかりしたカツオ出汁です。

総務省の家計調査によると、

2007年の1世帯あたりのカツオ節・削り節の支出は、

沖縄県がトップで、全国平均の3倍でした。

特産の野菜や意外な食材の料理も上位に入っています。

また、ランキング外で目立ったのは、

近海で獲れる新鮮な魚の刺身などです。

那覇市の牧志公設市場では、

1階で魚を購入して、料金を支払うと、2階の食堂で刺身やバター焼き、

煮付けなどに料理してくれます。

沖縄料理 関連記事 アーカイブ