舞鶴港とれとれセンター 舞鶴海鮮市場で松葉かにを食べる 海上自衛隊桟橋

舞鶴港とれとれセンター 舞鶴海鮮市場で松葉かにを食べる 行ってみました日本海のカニ解禁へ:蟹選びです。吉本水産の社長さんが、蟹の選び方や値段の違いを親切にお教えて下さり、とても勉強になりました。 松葉蟹を求めて舞鶴ツアー(3)

舞鶴港とれとれセンター 舞鶴の海鮮市場

行ってみました舞鶴の海鮮市場。

美味しそうな塩干物が、買って買ってと並んでいます。

でも、塩の摂りすぎは危険と言われています。

塩は本来 人間に必要なミネラルの1つ。

それがなぜ、塩分の摂取が高血圧になるんでしょうか?

甘い物が苦手な松葉博雄は、辛い物が好きです。

その一つに塩干物があります。

傷みやすい生鮮海産物は、塩を使って天日に干しておくと、

生よりもずっと長持ちします。

舞鶴港とれとれセンターの塩干物

塩をまぶして干しておくと、味も良くなります。

海鮮市場には、沢山の店が出店しています。

順番に見ていくと、足が止るのは、やはり買いたいなぁと思う、塩干物です。

エテカレイ、はたはた、しまほっけ、半生スルメ、大あじ、秋鮭など、

炙って朝ご飯に使えば、ご飯が進みそうなものばかりです。

最近、血圧が少し気になってきました。

しょっぱい物を好んで食べるから血圧があがるのか、

美味しい物がしょっぱい物ばっかりなので、美味しい物を

食べて血圧が上がるのか、

なんだか塩分と血圧に相関関係がありそうです。

この美味しそうなかまぼこを見て下さい。指で押さえると、

押し返されるような弾力性があります。

ぷりんぷりんとした弾力性です。

このかまぼこにも塩分が沢山入っています。

だからこそ美味しいのです。

舞鶴海鮮市場で蟹を買って、蟹料理を頂く

丁度お昼頃なので、この海鮮市場で蟹を買って、

蟹を料理してもらって、空いてる席で料理を頂く事が出来るよ

うなシステムになっています。

このようなシステムは、沖縄の那覇にある牧志公設市場にもあります。

市場で食材を選んで、選んだ食材を2階の料理店に持ち込めば、

今選んだばかりの食材を美味しく調理してくれま

す。なかなか優れたシステムです。

奥さんとどのお店で、舞鶴蟹を買おうか選んで廻っています。

足を止めると、お店のおじさんは、

うちの蟹は一番美味しいよ!と,声をかけてきます。

何軒か見て廻る内に、蟹にもいろいろ値段があることが分かりました。

一番安いのは、セコガニといって、雌の小さいサイズの蟹です。

大きな蟹でも、2000円~20000円までの価格の差があります。

舞鶴産のカニが最高級値段

一番高いのは、地元の舞鶴で採れた、水槽の中でまだ生きている蟹です。

安いのは、同じ日本海で採れた蟹なのに、ロシア船で捕獲され、

その後ロシア船が日本の港に持ち込んで売って

いる蟹です。この蟹は日本海で生まれても、ロシア蟹として扱われています。

わざわざ解禁直後に舞鶴まで来たんだから、

ここは地元の舞鶴蟹を選んで、この海鮮市場で食べて帰ろうと思います。

積極的に声をかけてくるお店の人は、会話が弾み、

水槽の中から希望の値段の蟹を取り上げて見せてくれます。

舞鶴港とれとれセンター 舞鶴海鮮市場 吉本水産の社長さん

吉本水産の社長さんは、めんどくさがらずに、

水槽から取り上げた蟹を直ぐに量りにかけて、どのくらいの値段

のクラスの蟹なのか調べて、これは2万円、これは1万8千円、

これは1万5千円と、3つの値段のクラスに分けてい

ました。

どうして値段に差があるのか、同じ様な大きさなのに

、なぜ片方は高いのか、好奇心が湧いてきます。

好奇心の吉本水産の社長にぶつけてみると、

一つ一つの価格の差の違いについて、これは重さ、これは味噌のつ

まり具合、これは形が良い、これは腹の身が良い、

とそれぞれ価格の差に理由が有る事を教えてくれました。

 

吉本水産の社長も、魚市場で競りで蟹を買ってくるのですから

、同業者から競り合うには、この蟹は良い蟹、こ

の蟹は中くらいの蟹、この蟹はたいした事ない蟹など、

見た瞬間に判断して、値段を付けて競り落として買って

いるのです。

研究熱心な質問に、吉本水産の社長はめんどくさがらずに、

「返ってあんた熱心やなぁ~」と評価してくれまし

た。そして、かなり上等な蟹を一つランクを下げた値段で提供してくれました。

蟹が決まると、しばらく料理が出来るまで、吉本水産の近くの空いた席で、

吉本水産からもらった番号札を席の

上に置いて、料理が出来るのを待っています。

水槽の中で生きている蟹は、一つ一つに何処で捕獲されたのか、

いくらくらいで売られているのか、見たらすぐ

に分かるようにタグを付けられています。この蟹たちは1週間以内には、

一回転するほどの早さで、売られていきます。

2012年11月8日(木)

舞鶴港とれとれセンター: 吉本水産で購入した松葉蟹を、その場で調理して頂き食べてきました。 松葉蟹を求めて舞鶴ツアー(4)

舞鶴産松葉蟹の料理方法 刺身、焼、茹でるの3つの方法で頂きます。

舞鶴港の吉本水産で買った、地元産の松葉蟹の料理方法としては、

刺身、焼、茹でるの3つの方法で頂きます。

焼いたり蒸したりするまでには、時間が20分くらいかかるそうです。

番号札を立てていると、ここに吉本水産から料理した食材が届くことが直ぐに分かります。

吉本水産のすぐ前に生簀用の水槽があり、

水槽を囲むように簡単な机とイスが置かれ、

そこで周りを見ながら食べられるようになっています

マーケティング方法から分析すると、

もう少し改良したらいいのにと思える点があります。

テーブル席は自由に使えるものの、

そこに座ったからといって、待ってるだけでは済みません。

ご飯が欲しければ、味噌汁が欲しければ、お茶が欲しければ、

蟹以外の食材が欲しければ、一つ一つ自分で調達

してきて、沢山集まれば豪華な昼食になります。

そこで、吉本水産から蟹が届くまで、

奥さんは海鮮市場の別の店を廻って、一つ一つ食材を買い整える必要があ

ります。この面倒な点を、

蟹を買ったお店の吉本水産が全てやってくれれば、お客さんは大助かりです。

 

しばらくすると、大皿に乗せて、

先ほど水槽で選んだ蟹が調理されて運ばれて来ました。

吉本水産の社長さんは、「高い買い物をして頂いて有り難う御座います。

この蟹は、他で食べたら3万円はしますよ」と、自信満々のお勧めでした。

刺身と蟹の甲羅の味噌、焼蟹の部分一匹で3回美味しい蟹になってました。

 

毎年行っている、さんプラザコンタクトレンズの蟹ツアーの方が、

落ち着いて、もっと沢山の蟹を長時間食べて

います。あの蟹料理と、この蟹料理の違いは何でしょうか?

それは、旅館で食べる蟹料理は、厨房で高い蟹の部分安い蟹の部分などを、

価格に反映させて組み合わせをして

いるから、沢山の蟹を一定の値段で食べられるのです。

今日の舞鶴港とれとれセンター海鮮市場の吉本水産で食べる蟹は

、一匹まるごと同じ蟹から調理されています。

安い蟹をまぜる事が出来ていないのです。

奥さんが別の店で調達してきた、白ご飯、味噌汁、お茶、

漬け物などと一緒に蟹を頂くと、もうお腹はいっぱい

になりました。吉本水産の社長は、蟹のお膳を引き取りに来た時、

名刺と一緒に、お土産用の岩のりをくれました。

 

これは顧客の創造から、次は顧客の育成を狙っている事になります。

つまり、リピート客の育成です。顧客の維持も期待しています。

 

それは、吉本水産の通信販売を利用して、ここに来なくても、

また吉本水産の松葉蟹、鮮魚、甘エビ、貝類、一

夜干しなどの購入を勧めています。

 

株式投資の金言に、『一つの籠に、卵を盛るな』といわれています。

ここでは、同じ店でばかり蟹を買うと、ひょっとすると高値掴みになるかもしれません。

そこで、息子に買って帰る土産用の蟹は、別の店で買う事にしま

した。別の店では、焦っていないのか、

全然安くしてくれません。おまけもつきませんでした。

かまぼこや塩干物を買って、今日の舞鶴港とれとれセンター海鮮市場の買い物は終わりです。

次に行く場所は、緊張の高まる日本海を守る、

海上自衛隊の舞鶴港を見学に行きます。

国道27号線沿いにある、自衛隊桟橋には、護衛艦が何隻か停泊していました。

以前に来た時は、平日に見学したように記憶していますが、

今は土日のみの見学日と決められていて、自衛隊桟橋には入れませんでした。

自衛艦桟橋には、護衛艦の他に潜水艦も停泊する事があります。

船が停まれば、当然補給と修復も必要で、護衛艦桟橋の周りには、

海上自衛隊の物資を補給する車や、船を修理するドックが隣接しています。

この舞鶴港から、日本海を守る海上自衛隊の船が出発し、また帰って来るのです。

見学に高まる気持ちが、残念ながら入場出来なくて、これで舞鶴を引き返します。

松葉蟹 関連記事 アーカイブ

2012年11月8日(金)