丹波市青垣 宝珠園のぶどうを狙うのは、アライグマとカラスです。

丹波市青垣の宝珠園のぶどうを狙うのは、アライグマとカラスです。一番美味しい頃を狙ってやって来ます。
有馬経由で青垣ツアー (4)

丹波市青垣 宝珠園のぶどう園

丹波青垣の宝珠園のぶどうを狙うのは、アライグマとカラスです。

最近よく聞く、人が夜中にごっそり盗んでいく被害はありません。

アライグマは夜に、カラスはお昼に、美味しいブドウを狙って侵入してきます。

道の駅青垣を出ると、今日の主な目的地の宝珠園ぶどう直売所に一直線です。でも、一直線と言っても、時々道を間違えています。

言い訳のようですが、道を間違えるのは、カーナビがこっちに行くようにと、その通りに行くと、また同じ場所に戻ってきて、カーナビに遊ばれたようです。

宝珠園を経営するのは、芦田則夫さんです。芦田則夫さんから、今年8月に枝豆を沢山贈って頂きました。

宝珠園では、お家の前にテントを張って、臨時販売所を設営しています。

但馬のまほろば 産直の会が、新鮮・安心 但馬の野菜果物を販売しています。

以前に、名刺は回るという記事を書きました。

花川梅蝶師匠に渡した名刺が、回り回って、また戻って来る話です。

似たような事が今日ありました。

宝珠園に偶然、ブドウを買いに来てた方とお話をしました。

この近くで、古民家の手打ちそば屋「三津屋 妹尾」のオーナー、妹尾栄二さんです。

昨年、丹波青垣の蕎麦屋 大名草庵の西岡芳和さんに松葉博雄の名刺を渡したところ、西岡芳和さんは、同業の三津屋 妹尾の妹尾栄二さんに、こんな人が来たよと話をしたそうです。

それで、松葉博雄の名刺を見ると、知ってますと繋がりました。

お客さんがブドウを買いに来ると、宝珠園の奥さんは注文を聞いてブドウ園に行き、ブドウを摘んできます。

松葉博雄も後ろから付いていき、ブドウ畑に入れてもらいました。

ブドウ栽培のご苦労話を聞かせてもらいました。

最近は宝珠園のブドウの味が口コミで広がり、お客さんが増えたそうです

が、その次の課題は、後継者の問題があります。農業を継ぐ事は大変な事です。

ブドウが実ると、この辺りではアライグマがブドウを狙いにやって来ます。

アライグマは枝に登って、ブドウをかじるそうです。

そこで、アライグマ対策に、根本に滑りやすい波板で囲って、アライグマが滑って登れないようにしています。

空からはカラスです。カラスは美味しい頃を狙って、少しの隙間でもあればくぐり抜けて入ってきます。

そこでブドウ畑の棟と棟の間には細い糸を張り、カラスの翼が糸に当たると驚くように仕掛けをしています。

沢山のブドウ畑は、収穫時期が微妙にずれるように、品種を替えて栽培しています。

8月から始まり、10月までブドウの収穫が続くように品種のリレーになっています。

宝珠園の畑を一回りすると、ブドウだけでなく、これからは10月の収穫に向けて丹波の黒枝豆が沢山栽培されています。

丹波の青垣に吹く風は、朝顔の花をゆっくりと揺らしています。

風に揺れた朝顔の花は、もう少しで夏から秋へと季節が変わるようなメッセージが伝わって来ます。

2012年9月6日(木)

丹波市 宝珠園ぶどう直売所 秋の味覚と和室cafe(1)

直売です。売り手と買い手が、直接、売り買いすることが、直売です。 

直売は、直買いです。 流通経費、中間経費が節約されます。

先週、丹波市青垣地区をドライブしてみると、かなり青垣は奥が深いなぁと思いました。 

そこで、今回も丹波市青垣地区にドライブに出掛けることにしました。

**

秋の空の澄みとおった青空の下で、舞鶴自動車道路を走ります。

**

神戸市内を走る阪神高速道路に比べると、舞鶴自動車道路は、カーブも少なく、交通量も少なく、走りやすいです。

**

今日の青垣地区訪問は、頭の中では、新しい蕎麦処を見つける事にあります。

** **

もうひとつ、今日の目的は直売で買うぶどうです。

 先週の日帰りツアーで、帰り道に葡萄を買うつもりでしたが、予定が上手

く行かず、直売葡萄は見送りになってしましました。

**

そういうことなので、もう一度丹波市青垣の方へ行って、今日こそ直売葡萄を買おうと思います。

**

じゃんけんは、「最初はグー」と言うように、青垣地区には、最初は夢楽市場(むらいちば)です。

**

夢楽市場では、夏野菜はすっかり影を潜めています。 

代わりに、実りの秋を連想させる、毬付きの栗が並んでいます。

**

まるで、湯上がりの美人とすれ違った時に感じるような、甘い香りが漂っています。

 その湯上がり美人の正体とは、金木犀です。

金木犀のこの甘さの匂いはなんでしょうか?

なんだか、湯上がり美人の後をついて歩きたくなるような甘い香りです。 

金木犀の香りを、トイレの芳香剤にエステー化学が変えてしまいました。

**

夢楽市場の向かいの畑には、休耕地を利用して、コスモスが畑一面に咲いていました。 以前に、この近くの氷上町のコスモス畑を訪れました。

**

今日も、休耕地のコスモス畑に、畦道を伝って降りて行きました。 

コスモス畑には、雑草も生い茂り、草を分けて深く入っていくと、ズボンや

服には、雑草の種がしっかりくっついて来ました。

**

お昼ご飯に、別のお蕎麦やさんへ行こうと思っていましたが、営業日が土日

祝日のみでした。 今日は木曜日なので、定休日です。 

お昼ご飯にと思っていたところが閉まっていたので、困ってしまいました。

とりあえず、先に宝珠園ぶどう直売所へ行って、直売の葡萄を買うことにします。

**

丹波市青垣の宝珠園のぶどう

宝珠園は、味の実力もさることながら、マーケティングが優れています。 

道案内の看板が、要所要所に上がっていて、道を間違える事無く、宝珠園直売所につきました。

**

宝珠園の、看板娘の販売担当者に声をかけてみると、なんと宝珠園の直売は、今日が最後だそうです。

**

今日が最後なので、残り物には福があると言われるように、1キロ1000円

を、800円に安くしてくれました。 残り物のぶどうは、ぶどうの房が不揃

いで、ぶどうの芯から、ぶどうの実が離れています。

**

しかし、この方が甘みがあるという説明です。 

ぶどうの房のしっかりした実と、分離した実を食べ比べてみると、確かにバ

ラバラになった実の方が糖度が高いと感じます。

**

宝珠園のぶどう畑は、約750坪の広さです。 

ぶどう畑としては、比較的狭い畑です。 

しかし、家の直ぐ側にぶどう畑があり、丹念に育てられているようです。

ぶどう農家の農作業は、一年中休むことがありません。 

以前、多紀連山県立自然公園の近くで、葡萄農家で、美味しいぶどうの作り方を聞きました。

**

宝珠園の開設者は、芦田則夫さんです。 

芦田則夫さんは、ぶどうを出荷するときに、生産者の名前と顔を、購入者に分かるように表示しています。

** **

松葉博雄の名刺を渡して、ぶどうに関するいろいろな事を聞かせてもらい、宝珠園の広告になるようにお願いされました。

 特に強調して欲しいのは、原産地は岡山の皮ごと食べれるぶどう『瀬戸ジャイアンツ』を開発していることだそうです。

** **

それから、ぶどう園の方に、お昼ご飯を食べるのにいい場所がないか尋ねてみました。

**

この山の向こうは、但馬の国です。 

但馬の国は北国で、冬になると雪が降り、雪が道と溝の境界を覆ってしまい、車が脱輪すると大変なことになります。

**

作業所には、丹波の黒豆にな、直売の枝豆が、沢山ビニール袋に包装されています。

**

これはちょうど良い、さんプラザコンタクトレンズの社員の皆さんへのお土

産にちょうど良いと思い、道の駅に出荷する予定の枝豆を、直売で全部購入させてもらいました。

2011年9月29日(木)