淡路での休日 淡路ブログ:カテゴリー・アーカイブ

うどん屋を始めるなら、うどんの学校に行くと、ノウハウを教えて

淡路島一宮のうどん工房淡屋オーナーは、大和製麺所のうどんの学校で、研修を受けています。 淡路島の一宮にある「うどん工房淡(>続きを読む)

南山学さん、南山由加さんご夫妻と、ご近所友達の始まりを記念し

淡路島岩屋の新築同士の繋がりで、南山学さんご夫妻とお友達になりました。 淡路島岩屋の新宅に、ご近所の南山学さん・由加さん(>続きを読む)

渡り蟹の寄せ鍋を食べながら、10月の満月を奧さんと昔話をしな

ワタリガニは、メスガニの方が身入りが良いようです。そういえば、ズワイガニもメスはセコガニと言われて、体型も小さく、値段も(>続きを読む)

淡路島のお土産には、ちりめん、玉ねぎ、穴子の炭火焼きを用意し

淡路ビーフの新谷で揃わなかったのは、牛タンとハラミです。焼肉屋さんでも、国産牛の牛タンとハラミは、なかなか調達しにくいそ(>続きを読む)

福良港の足湯に浸かりながら、98歳の現役経営者から長寿の秘訣

鳴門観潮船は、出港するとき、一旦後ろに下がって、それから方向転換をします。安倍晋三首相も、一旦反省の意を示して、次は、丁(>続きを読む)

福良のひらまつ食堂で迷ったのは、アラカルトか、定食かの選択で

次回、ひらまつ食堂で注文する時は、定食よりも、魚の一品料理を選んで、注文したいと思います。 淡路島で、地元の美味しい魚料(>続きを読む)

震災復興中に、会社の仕事を手伝ってくれた河野さんと、淡路島の

奧さんの親友は、大体私は顔見知りです。奧さんの友達を通じて、私がしらなかった奧さんの事を知る事もあります。 奧さんのお友(>続きを読む)

淡路市から、ぶどうを普通便の宅配で送ると、翌日にはぶどうが房

淡路市の正置農園では、8月下旬になると、ピオーネは最終出荷時期になっています。ピオーネの糖度は最盛期の方が甘いように感じ(>続きを読む)

淡路市育波の金﨑農園のいちじくは、9月に入ると熟してきます。

金崎農園のいちじくは、鳥と獣に狙われています。人の窃盗にも、気を付けなければなりません。 お盆が来る前に、金﨑農園のいち(>続きを読む)

淡路市育波の葡萄園 正置農園は、お盆の前にピオーネの出荷で大

淡路市北淡町地区は、枇杷、葡萄、いちじくの果物栽培が盛んな地域です。 淡路市の育波地区に、ぶどう園が何軒も集まっています(>続きを読む)

1 2 3 4 5 6 23