hoge

淡路市のビワ農家の話では、安定経営にはびわの出荷前にすでに沢山の予約を取っておくことです。

投稿No:7834

枇杷の品質改良は進み、贈答品用価格は年々付加価値を高めています。 6月になると、そろそろビワの美味しい季節になります。 淡路島のビワと言えば、淡路市の野島地区です。 まだ、道の脇でビワの露店が出ていま... 

びわこ産の若アユの塩焼き 泉州産の水茄子のぬか漬けで初夏の味覚を楽しみました。

彦根の鮎の店きむらの若鮎の塩焼きは、香ばしい焼き上がりでした。 「あゆの店きむら」の鮎の塩焼き 初夏の風物詩 若鮎の塩焼きが彦根あゆの店きむらから届きました。 送り主はU君のお父さんからです。 私は鮎... 

美味しい枇杷を見つける為、毎年淡路のびわ農家を訪ねて探します。

ビワの味は毎年変化します。枇杷の生産農家も、枇杷の味を一定に保つため苦労しています。 社長ブログ神戸/頂き物/淡路特産うまいびわ 梅雨と書けば、梅の実が熟する頃ですが、梅雨入りの頃は、梅だけでなく、枇... 

淡路島の淡路市北淡町轟地区は、淡路びわの発祥の地です。社長ブログ/神戸の社長/社長の生活/淡路ブログ

枇杷の実の味は、農家毎に違います。土地の地質、日の当たり方、肥料、風の強さなどで、味が変わります。社長ブログ/神戸の社長/社長の生活/淡路ブログ ビワの美味しい季節になりました。びわと言えば、淡路島の... 

あれも漬けたいこれも漬けたい びわの実を、漬けてみると、びわの実だけではなく、レモンの実と合わせる方が、びわの実が、ひきたってきます。びわの実は、容積が大きく、2リットル瓶でも、びわの実が容積を占めて、ホワイトリカーは、少ししか入りません。

あれも漬けたいこれも漬けたい びわの実を漬けるには、レモンと合わせて漬ける方が、びわの実がひきたちます。びわの実は、予想以上に容積があります。びわの実を漬けるときには、大きな広口瓶がいいです。 あれも...