美味しい枇杷を見つける為、毎年淡路のびわ農家を訪ねて探します。

ビワの味は毎年変化します。枇杷の生産農家も、枇杷の味を一定に保つため苦労しています。 社長ブログ神戸/頂き物/淡路特産うまいびわ 梅雨と書けば、梅の実が熟する頃ですが、梅雨入りの頃は、梅だけでなく、枇... 

淡路島の淡路市北淡町轟地区は、淡路びわの発祥の地です。社長ブログ/神戸の社長/社長の生活/淡路ブログ

枇杷の実の味は、農家毎に違います。土地の地質、日の当たり方、肥料、風の強さなどで、味が変わります。社長ブログ/神戸の社長/社長の生活/淡路ブログ ビワの美味しい季節になりました。びわと言えば、淡路島の... 

あれも漬けたいこれも漬けたい びわの実を、漬けてみると、びわの実だけではなく、レモンの実と合わせる方が、びわの実が、ひきたってきます。びわの実は、容積が大きく、2リットル瓶でも、びわの実が容積を占めて、ホワイトリカーは、少ししか入りません。

あれも漬けたいこれも漬けたい びわの実を漬けるには、レモンと合わせて漬ける方が、びわの実がひきたちます。びわの実は、予想以上に容積があります。びわの実を漬けるときには、大きな広口瓶がいいです。 あれも... 

淡路島のびわ(枇杷)が売ってありました。おいしいものは、淡路島にあります。

淡路島のびわ(枇杷)が売ってありました。淡路島の買い物ツアー(1) 昨日の曇り空と変わって、今日は少し暑いくらいの快晴になりました。 奥さんと、今日はどこへ行こうかと相談して、おいしいものを探しに、新... 

淡路市北淡町の轟木のびわの実の生産農家が運営する、集荷所に行ってみました。現場を見なければ分からないことがいっぱいありました

2008年6月19日(木)渡船食堂で、美味しい昼食を済ませ、庭で花や梅の実を収穫した後は、お目当てのびわを求めて、北淡町の方に行きます。 大磯から、北淡町に行くには、山越えのルートと、岩屋を経由して国...