南城市憩いのオープンガーデン パスポートを買って庭を見せ合うツアー

投稿No:8231

南城市オープンガーデン 庭を見せ合うオープンガーデン 第172回沖縄訪問(4)

南城市オープンガーデン 南城市観光協会の企画

南城市では、オープンガーデンといって、花を愛するガーデニングの愛好家が、ご自分の庭を開放して、お庭めぐりの企画をしています。

ガーデニング愛好家が中心になって、全国でオープンガーデンが開催されています。

期間中は南城市内の選ばれた民家のお庭を見学することが出来ます。

まち全体が花と緑でうるおい、心から元気になれるイベントです。

神戸の周辺では、芦屋市がオープンガーデン三田市がオープンガーデンを開催しています。

神戸市では花ハート神戸オープンガーデンが開催されています。

オープンガーデンに参加する為には、南城市観光協会が発行するパスポートを購入します。

パスポートは、一人500円です。

このパスポートを購入して、首からぶら下げていると、オープンガーデンに参加しているお庭を指定日時に見せて頂く事ができます。

参加しているオープンガーデンには、スタンプの用意もできています。

2019年春のオープンガーデンの参加は、21庭です。

パスポートを買ったのは、「ガーデンレストラン 花さんご」です。

南城市オープンガーデン こんなことしてる、花サンゴ

レストラン花サンゴでは、パスポートがなくても、日常から自由にお庭を見せています。

花さんごのお庭を廻ってみると、素晴らしいお庭でした。

こちらはレストランなので、食事に来るお客様も花さんごのお庭を見ることができます。

神戸のお庭と比べると、大きな違いは屋外で越冬できる亜熱帯植物が植えられていることです。

神戸なら、温室でなければ、育たない植物も沖縄では屋外で育てることができます。

4月の季節は神戸で言えば6月くらいの季節なので、花さんごのお庭は、初夏のような雰囲気を感じました。

南城市憩いのオープンガーデン

オープンガーデンは、2010年春より年2回(春・秋)開催しています。

「南城市憩いのオープンガーデン」も今年で10周年を迎えるんだそうです。

「花と緑であふれる南城市で自然との暮らしを感じてほしい」という願いを込めたオープンガーデンは、南城市を代表する一大イベントになっています。

春に咲くお花や日本庭園・盆栽など、各家庭の個性的なお庭を見ることができます。

まち全体が花と緑でうるおい、心から元気になれるのイベントです。

  • 期間:2019年4月6日(土)~4月14日(日)
  • 時間:10時〜17時
  • 場所:南城市内の選ばれたお庭
  • 料金:パスポートセット お一人様500円(高校生以下無料)
  • 主催:一般社団法人 南城市観光協会

※パスポートの販売は3月23日から販売予定となっております。

ガーデンレストラン花さんご 専門家がついています

ガーデンレストラン花さんごはサンゴ大地の丘のガーデンレストランです。

英国チェルシーフラワーショーで6年連続金メダルを受賞した石原和幸氏がデザインを手がけた「ガーデンレストラン 花さんご」です。

アジアンテイストでデザインされているお庭はどこを写しても美しい花々が際立ちます。

フルコースランチ。前菜3種盛りは南城産をはじめ地元の食材をふんだんに使用した逸品。

また、アグー豚の網焼きステーキはパインソースで濃厚かつさっぱり!

美しく装飾されたお庭は、花を愛するオーナーをはじめ、職人さんが毎日丹精を込めて手入をしている。

出典:なんじょう巡るん

オープンガーデン 滝があって温室がある

駐車場から門に足を踏み入れると、そこから夢のような癒しのガーデン「花水園」が広がります。

世界的に著名な庭園デザイナー・石原和幸氏によるお庭は、写真でその素晴らしさをお伝えすることはできません。(庭園見学無料)

約1,000坪の土地は、オーナーが沖縄県内をくまなく探し、ようやく見つけたガーデンの最適地です。

300種類の植物(その内、お花は120種)と優雅な蝶がお出迎えしてくれます。

店舗内も格調の高い調度品で整えられていて、女性が喜ぶこと間違いなし。

お料理も地元の野菜や魚にこだわったコース料理4種が用意されています。

一見、敷居の高いイメージがありますが、気さくなスタッフがおもてなしするので、気兼ねなく癒しの時間を過ごせます。

出典:らしいね南城市

 花さんごのお庭には、小さな滝と、池がありました。

水を使ったガーデニングが出来ています。

池の周りには、ハイビスカス、蘭、ヘゴヤシなどが沖縄の雰囲気を出しています。

奥の方に、アルミ温室がありました。

とても天井が高い温室です。

このくらい高い温室だと、椰子の木やバナナ、ヘゴヤシなどの高く伸びる亜熱帯植物でも、温室の中で育てる事ができます。 

南城市 関連記事 アーカイブ

来て来て沖縄 アーカイブ

2019年4月12日(金)


←172回沖縄(3)_カフェくるくま

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください