退職したら沖縄でロングステイをしたいと思うシニア夫妻

投稿No:7811

沖縄でロングステイをする場合は、一戸建てか、マンションか迷います。一戸建ては管理が大変です。第166回沖縄訪問(18)

那覇空港から神戸へ

清明祭(シーミー)に参加した第166回沖縄訪問は、
今日で終わりです。

これから神戸に帰ります。

那覇空港ではいつものように、
3階の飛行場が見える食堂で皿うどんを頂きました。

皿うどんを頂くのは、野菜をしっかり食べられるからです。

野菜を食べるのが奧さんのオススメだからです。

偶然の再会

空港でまた、難波健次ご夫妻とばったりお会いしました。

同じ神戸行きの便でした。

難波さんご夫妻とは、先日古宇利島の休憩所でお会いしたご縁です。

難波健次さんはパソコンを使わないそうなので、
松葉博雄の社長研究室は娘さんに開いてもらって、
記事をこれから読むそうです。

沖縄の記事は沢山あるので、
各地で体験した沖縄訪問記の記事をオススメしました。

もし感想を頂けるなら、私の方に連絡して下さいと、
メールアドレスもお渡ししました。

車は神戸空港

難波さんは神戸空港に車を置いているそうです。

神戸空港から倉敷まで、高速道路を走って約3時間くらいで
自宅に戻れるそうです。

難波健次さんの娘さんに、社長研究室の沖縄関連の記事を
お父さんに見せてあげて下さいと、お願いしました。

またの機会に沖縄でお会いすることがあるかもしれません。

 

退職したら沖縄でロングステイ

難波さんご夫妻と話をしていると、沖縄について私が考えてきたことと、
難波さんが考えてきたことは、ほぼ同じような考えでした。

自宅は残しておいて、沖縄にロングステイできるセカンドハウスを持ちたい。

沖縄に拠点をもって、沖縄の各地を回りたい。

沖縄の現地の人たちと、親密な交流をしたい。

寒いときは沖縄で、気候の良いときは、内地に戻りたい。

こんな、生活スタイルです。

 

マンションか戸建てか

沖縄に拠点も持つとなると、
場所はどこが良いか、本島か離島か
家はマンションか戸建てか
たちまち、選択する選択肢が沢山浮かんできます。

難波さんご夫妻は、一戸建ての家に拘った為に、
なかなかぴったりの物件に出会えなかったそうです。

私は一戸建ては手入れが大変なので、
マンションやホテルを探して、すぐに見つかりました。

難波さんももし、マンションやホテルの一室を選んでいれば、
もっと手軽に物件を見つけられたかもしれません。

これからでもお二人で物件を選ばれたらどうですか?と励ましました。

2018年4月10日(火)


←前へ:第166回沖縄(17)

→次へ:第167回沖縄(1)

 

退職したら沖縄でロングステイをしたいと思うシニア夫妻” に対して1件のコメントがあります。

  1. 宮入一芳 より:

    第166回沖縄訪問記、拝読いたしました。
    私は次回は前兼久ハーリーの時期に行くつもりです。ご一緒できることを願っています。

  2. 松葉博雄 より:

    宮入さん、コメントありがとうございます。
    いつも応援をしていただき、御礼申し上げます。
    ハーリー、いきたいですね。
    お会い出来たらいいですね。
    予定は、まだ決まっていませんが、宜しくお願いします。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください