オリオン嵐山ゴルフ倶楽部閉鎖 沖縄の北部の新テーマパークで雇用創出 JE社が今帰仁、名護と協定 オリオン嵐山ゴルフ倶楽部と、日興タクシー果樹園を見て回りました。

投稿No:7782

オリオン嵐山ゴルフ倶楽部閉鎖 沖縄の北部の新テーマパークで雇用創出 JE社が今帰仁、名護と協定 オリオン嵐山ゴルフ倶楽部と、日興タクシー果樹園を見て回りました。沖縄の北部の新テーマパークで雇用創出 JE社が今帰仁、名護と協定配信

オリオン嵐山ゴルフ倶楽部閉鎖

琉球新報
 

 「オリオン嵐山ゴルフ倶楽部

(18H、沖縄県国頭郡今帰仁村字呉我山654-32、

TEL:0980-58-1910)が

令和3年(2021年)6月頃をもって閉鎖し、

跡地に沖縄の自然や文化をテーマにした内容の

テーマパークを造る計画であることが判明した。

 地元新聞によると、

閉鎖後に整備工事(総事業費は500億~600億円規模)を始め、

2024年末から25年初めごろの開業を目指し

年間の来場者数は300万~500万人を見込み、

約2千人を雇用する計画があると報じている。

 オリオン嵐山GC URL=https://www.orion-agc.co.jp/ (表示方法

 オリオンビール(株)、(株)リウボウ、(株)ゆがふホールディングス、

近鉄グループホールディングス(株)、

(株)刀、その他が、

準備会社「(株)ジャパンエンターテイメント」

(沖縄県那覇市、加藤健史代表取締役)を

2018年に設立し始動開始。

嵐山GCとは今年の8月中にも用地の賃貸契約を結ぶ予定と伝えている。

 関連情報 https://katana-marketing.co.jp/news/detail_15.html

 同GCの従業員はテーマパークでの採用も含めて就業を支援。

また、同倶楽部の会員に対しては、

相場に割増価格などを上乗せして正会員は50万円、

平日会員は40万円で嵐山GCが会員権を買い取る方針で調整を進めているという。

 ちなみに、同GC(当時は嵐山GC)は

平成13年12月に当時の経営会社・プレミアゴルフ(株)が

預託金償還問題等により民事再生法を申請。

 平成14年8月に会員組織でつくる受け皿会社の

嵐山ゴルフ倶楽部が6億1000万円で営業資産を買い取り、

会員に預託金の13%(総額6億7000万円)を返還した後、

オリオンビールの完全子会社オリオン嵐山ゴルフ倶楽部(株)が

約13億円で営業資産を買い取る内容で

基本合意(同年10月17日に東京地裁で再生計画が確定)。

 → オリオン嵐山GC・過去の経緯

 同時にコース名をオリオン嵐山ゴルフ倶楽部に変更し現在に至っている。

 同ゴルフ場は、沖縄自動車道・許田ICより13㎞、

那覇空港から1時間25分(名護市から25分)に位置し、

全長6955Y、P72の丘陵コース。

 参考までに、

8月19日現在の会員権相場

(名義書換料20万円、年会費2・4万円、正会員=税別)は、

15万円売りに対して買いは7万円となっています。

前述の買取金額(正会員のケース)は

会員権相場を10万円と設定して

入会費用(名変料)20万円と割り増し分20万円を上乗せして算出したようです。

本島北部のテーマパーク建設事業に携わるジャパンエンターテイメント

(名護市、加藤健史代表取締役)は30日、

今帰仁村、名護市と包括連携協定を締結した。

協定により地域の雇用促進、地元産品の有効活用などに取り組み、

やんばる地域の振興を図る。締結式は同日、

建設予定地のオリオン嵐山ゴルフ倶楽部(今帰仁村、名護市)で開かれた。

詳細は琉球新報のこちらの記事をご覧ください。

 

オリオン嵐山ゴルフ倶楽部の景観です

オリオン嵐山ゴルフクラブと日興タクシー果樹園は、手入れされた芝生と、間近に見れるヘゴヤシで、ヤンバルの雰囲気を堪能しました。 第166回沖縄訪問(2)

 那覇から高速道路を走り抜けると、終点は名護です。

名護からさらに北上して、

一番北の辺戸岬まで走り倒すつもりでしたが、

助手席に座っている奧さんが、

あまり長い間車に乗っているとしんどいので、

途中今帰仁辺りで山岳部にコースを変えました。

羽地湾が見える嵐山展望台を目指しています。

嵐山展望台からの景色は、

沢山の島々が見えて、とても綺麗な場所です。

嵐山展望台には、この辺りの浜辺で知り合った、佐々木夫妻との思い出があります。

佐々木夫妻は、冬の間は寒い秋田を離れ、

沖縄で農家の手伝いをしながら過ごしていました。

佐々木さんは学校の先生でしたが、

兼業農家でもあり、秋田でも農業をしていたので、

牛の世話が出来たので、

沖縄の牛を飼う農家には重宝がられていました。

その佐々木夫妻も、高齢化のせいなのか、

最近は沖縄訪問が途絶えてしまいました。

こんな思い出話を奧さんと運転をしながら話が弾んでいると、

いつの間にか嵐山展望台に向かう回り門を見失ってしまい、

車のコースは海から離れていっています。

いけどもいけども、嵐山展望台は見えません。

まぁそれなら仕方ないと思って、

急遽予定変更して、この辺りの山岳部をドライブしています。

とても綺麗なお庭が見えたので、

思わず車を停めて、しばしお庭の芝生に見とれていました。

綺麗な芝生は、実はオリオンビールのオリオン嵐山ゴルフ倶楽部でした。

ゴルフ場だったのです。

オリオン嵐山ゴルフ倶楽部は、

インターネットで調べると人気の高いゴルフコースで、

かなり先まで予約で埋まっていました。

ゴルフ場の回りを外周していると、

次に見つかったのは、また綺麗なお庭です。

入り口が開いていたので、お庭を見せて貰おうと車で入っていくと、

標識には「日興タクシー果樹園」という標識が立っていました。

これは、タクシー会社が経営する果樹園だったのです。

それなら果樹園の中を見せて頂きたいと思い、

レストハウスに向かってみました。

レストハウスに行ってみると、

ドアには鍵がかかっていて、中に人は居ません。

どうやら果樹園はシーズンオフで、

お客様を迎えられる季節ではないようです。

誰か留守番の人はいないのか見て回りましたが、

広い果樹園に人影は見当たりません。

果樹園の敷地の中には、ヤンバルで見るヘゴヤシの森がありました。

とてもトロピカルな雰囲気なので、

ヘゴヤシの森でしばし森林浴をさせて頂きました。 

もう少し暑くなると、パッションフルーツやマンゴーなどが

果樹園で販売されるのではないかと思います。

ここもインターネットで調べてみましたが、

日興タクシーの果樹園としての紹介はありませんでした。

相当広い敷地です。

タクシー会社の経営ですが、

タクシーと直接結びつかない果樹園の経営には、

かなり人手がいるはずです。

偶然辿り着いた、オリオン嵐山ゴルフクラブと日興タクシー果樹園は、

よく手入れされた沖縄の庭園なので、外から見ても魅力的な施設でした。

ホテルに入る前の、ついでのドライブでしたが、

とても雰囲気の良い、田舎ツアーが出来ました。 

2018年4月5日(木)


←前へ:第166回沖縄(1)

→次へ:第166回沖縄(3)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください