沖縄恩納村で糠漬けを広める 第87回沖縄訪問(1)

松葉博雄は、沖縄の恩納村に糠漬けを広めようと思っています。
【沖縄の伝統行事「ハーリー」は、旧暦5月4日に行われます。「ハーリー」が終わると、沖縄は梅雨が明けて、夏の高気圧に包まれます。 その1】

朝8時に家を出て、神戸空港に向かっています。これから、第87回沖縄訪問が始まります。今日の神戸の天気は、雨です。

神戸空港

9時30分の沖縄行きJAL3381便です。今日の飛行機は、少し小型の飛行機ということで、荷物の持込みを制限されました。

神戸空港

普段、飛行機の機内に持って入ることの出来る、スーツケースの小さいキャリー付きのバッグも、貨物室に預けるということになってしまいました。

今日の飛行機は、少し小型の飛行機でした

機内のサイズも狭くて、「もしこれが、お相撲さんだったらどうするのかな?」と心配するぐらい狭かったです。

今日の飛行機は、少し小型の飛行機でした

神戸空港を出発して、1時間45分のフライトで、飛行機は那覇空港に着陸しました。レンタカーを借りて、これから恩納村前兼久に行きます。

那覇空港に到着し、これから恩納村前兼久に行きます

レンタカー会社の車は、いつもの車です。すでに10万キロを走った車なので、「減価償却もすっかり終わった車だ」と冗談を言い合っています。

那覇空港に到着し、これから恩納村前兼久に行きます

高速道路を通って、石川インターを経由して、前兼久に着いたのは、1時前でした。

お昼ごはんを、前回頂いた「くえーぶう」で食べようと行ってみると、木曜日は定休日ということで、お休みでした。

前兼久の村は、近づくハーリーの大会に備えて、準備が行われています

予定を変えて、ほっかほっか亭でお弁当を4つ買って、金城千賀子さんのお宅に行きました。利絵ちゃんも一緒に、お弁当を頂くことにしました。

前兼久の村は、近づくハーリーの大会に備えて、準備が行われています

今、前兼久の村は、近づくハーリーの大会に備えて、準備が行われています。

ハーリー船

前兼久の漁港の広場では、ハーリー船が広場に出されて、夕方になると、練習が始まります。婦人会の方たちは、おもてなしの料理に、何を作るか話し合い、料理を分担し合っています。

ハーリー船

神戸から持ってきた今回のアイディアは、普段、家で食べている、糠(ぬか)味噌漬けを金城正則さんのお家でやってみようということです。

ピンクマリーンクラブ

そこで、お昼ごはんを食べた後、「おんなの駅」に野菜を買いに行くことにしました。

ダイビングスクールのピンクマリーンクラブには、大勢のダイビング客が泊まっているようです。

蓮の花

夏の野菜である、キュウリ、ナス、瓜、キャベツなどを糠味噌の浅漬けで頂くと、お茶漬けにもとてもよく合います。夏に、野菜を摂るには絶好な摂り方です。

おんなの駅

まず、糠床を作ります。最近は、糠床は、スーパーでも売られているので、これを神戸から持って来ています。

おんなの駅

これをよくかき混ぜて、醗酵させて漬けていくことになりますが、ヨーグルトの菌と同じように、ずっとこの糠床は、継承しなければいけません。毎日混ぜることが、原則です。

おんなの駅

糠を足していけば、糠床は続きます。味もどんどん、自分流の味になってきます。これをこれから沖縄の金城正則さんのお家で、作ることになっています。

おんなの駅

「おんなの駅」では、キャベツの新しいものが見当たらなかったので、キュウリとナスを買いました。

いったんホテルに戻って、休憩をしてから、朝日会に向かいます。

 

2007年6月14日(木)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください