鰹の刺身をオリオンビールで 第76回沖縄訪問(6)

鰹の刺身をオリオンビールでいただいています
【第76回沖縄訪問:沖縄県恩納村朝日会、鰹つり、追い込み漁 その6】

港に戻ると、早速、金城正則さんが鰹を捌いてくれます。刺身に盛りつけられるまで、傍でずっと、見ていました。

第76回沖縄訪問朝日会

見事な物です。手も切らないで、指も切らないで、見事に鰹は捌かれ、刺身に盛りつけられました。

第76回沖縄訪問朝日会

少し残念なのは、頭や骨は、捨てられてしまうことです。

第76回沖縄訪問朝日会

もし、松葉博雄であれば、捨てるのはもったいないので、大根と昆布と一緒に煮物にして、骨はみそ汁の味だしに使います。

第76回沖縄訪問朝日会

気持ちはルンルン、天気は晴れ晴れ、つい奥さんに頼んで、写真を撮ってもらいました。

第76回沖縄訪問朝日会

捕れたての鰹のお刺身の美味しいこと!これがまた、実に、オリオンビールと合うのです!

第76回沖縄訪問朝日会

6月の沖縄県恩納村は、もう真夏そのものです。日照りは強く、少し、日に当たっただけで、シャワーのお湯を浴びると皮膚がヒリヒリしました。港では、ダイビング客がひっきりなしに出入りし、沖の生け簀から魚を取りだしてくる海人の生き生きとした動きに、満ちあふれています。

第76回沖縄訪問朝日会

他の方が働いているのに、松葉博雄はゆっくりと鰹の刺身を食べながら、オリオンビールを飲んで、極楽をさせてもらっています。

2006年6月16日(金)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください